小さな町へ
2005年4月から1年間カナダのクレストンという町で1年間過ごし、2006年4月に帰国。 クレストンでの生活、帰国後の生活など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スキー場デビュー☆
先週末、長野県のスキー場に行ってきました!
3歳のお姉ちゃんがいる、Y家と一緒です。
ひーちゃんはもちろん、初ゲレンデ!!
私は、2シーズンぶり

ゲレンデデビューと言っても、当然まだまだスキーデビューはできないんですが・・・
まあ、なだらかな坂で、ソリでシューっと滑ってウキャウキャと遊べたらな、なんて思ってました。

まずは、ペンション横の雪かき跡と思われる、小さな雪山で練習。
初のソリ滑り(←わくわくしてるのは親だけ・・・?)

2メートルたらずの距離を、シューっと滑るんですが・・・
ひーちゃん、その2メートルの滑りのGに、腹筋が耐えられず、必ず後ろに倒れてしまう
そして、顔が真顔
そりゃ、そうか・・・まだ1歳だし、初めてだから仕方ないか

でも、大人が一緒に座って滑れば大丈夫かな?
なーんて、楽観的に考えて、そのままゲレンデへ。
ペンションはゲレンデの中腹沿いにあって、リフトに乗らずともコースに出れます。
コース脇のソリコースで、パパが後ろで一緒に乗って滑り始めたのですが・・・
sori1.jpg


ソリって猛スピード出るんだよね。
えーーー、そのまま下まで行っちゃうの?
ビュイーーーンと、あっという間に見えなくなってしまいました。
おーい・・・
しばらく待っていると、リフトに乗って帰ってきたのですが・・・

ひーちゃん、涙と鼻水と雪まみれ

オイオイとしゃくり上げて泣いてました
話によると、ものすごいスピードが出てしまうので、パパがスキー靴でブレーキをかけたのですが、そのブレーキで雪がブワーーーっと舞い上がり、全部ひーちゃんの前面に直撃したらしい。。。
ていうか、いきなりやりすぎじゃー!

当然、その日はそれ以上ソリには乗らず、二人でとぼとぼペンションに帰り昼寝
パパとY家は滑りに。

一泊して、次の日はゆっくり、ちょっとなら乗るかなーと思いゲレンデに連れ出す。
まあ、パパと一緒に滑るのはもうコリゴリだけどね
私が雪だるま作ったり、雪投げしたりして遊びながら、一緒にソリに乗ろうとしても、

ひーちゃん、ものすごい抵抗
10センチ動くだけで、すごいしがみついてわめきまくる
こりゃソリはだめだとあきらめて、「こうやって滑ると楽しいんだよー」と私がおしりで滑って見せただけで、
両手を挙げて「やーーーー!」と大泣き。人が滑ってるのを見るのも怖いらしい・・・
完全なるトラウマ状態。

挙句の果てに、抱っこしてしばらくすると、泣きつかれたのかぐったりと眠ってしまった
初めてのスキー場は、想像以上に刺激的だったみたいです

爆睡しているので、まあ、運ぶだけなら大丈夫だろうと・・・

天敵のソリに搭乗させてみた

sori2.jpg

すれ違う人々に、「わー、寝てる~!」と驚かれ、写真まで撮られてしまいました・・・
こんな、完全敗北な姿を・・・

来年には忘れてることを願う、トラウマ。。。
コメント
この記事へのコメント
おぉ。
かなり刺激的なソリだったようで。。。
来年は乗れるといいね!
寝てるのかわいい~。
2010/04/11(日) 00:12:27 | URL | なっちん #-[ 編集]
●なっちんさん
来年までトラウマを引きずってたら・・・どうしよ。忘れてることを願うよ。
性格的にはどちらかというと臆病なようです。(1歳半だったら、あんな高速ソリは誰でもトラウマか!?)
2010/04/14(水) 22:32:43 | URL | igudojo #9YF42GeU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smalltown.blog7.fc2.com/tb.php/329-4770d4e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。