小さな町へ
2005年4月から1年間カナダのクレストンという町で1年間過ごし、2006年4月に帰国。 クレストンでの生活、帰国後の生活など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
百日&帰省します
ずいぶん遡るんですけど、12/7(日)にひーちゃんの百日のお祝いを、ダンナさんの実家でさせてもらいました。

もちろん、自分の百日はどのようにされたのかなんて、記憶にあるわけもなく、「まず、百日のお祝いって何やんの?」ってところから始まりました。。。

周囲に聞くと、「記念写真撮って、お祝い膳を食べさせるフリをする。」ってことが一般的なので、その通りにしてみました。

5日にスタジオア○スで人生初の記念撮影をしに、親子3人で行って来ました。
まず衣装を選ぶんですが、ここはどこ?ってくらいにきらびやかな衣装に囲まれてると、なんだか変なテンションに・・・(私だけ)。
あれも~、これも~、カワイイわ~、タリラリラ~

和装と、洋装ドレスを選んで、裸んぼうもかわいいから撮って~と舞い上がってるところに、ダンナさんの「まだ選ぶの?」という冷たい視線が突き刺さり、はっと我に返って、それだけにしておきました。
本当は、金太郎の格好とかさせたかった・・・。でも将来怒られそうなのでやめました。

衣装に着替えさせ、セットに座らせて、スタッフが高いテンションであやして笑顔をゲットしようとするも・・・
ひーちゃん、雲行き怪しい表情。

家であやすとけったけた笑うのに、妙に高いスタッフさんのテンションに圧倒され、口が得意のへの字口に・・・。
それからは、休憩しておっぱい飲ませたり、眠くなっちゃって寝かせたりと、当然のことながらすんなりとは行かず。
裸んぼうの時は、妙にサービスして、足おっぴろげー、全開。ちがうちがう!笑顔笑顔!
・・・と大人たちは必死だけど、そんな大人の都合通りにはいかないよね、当然。

ま、どうにかこうにか、笑顔らしい写真がいくつか撮れたので、それを注文して終了しました。
なんか、色々サービスで、名前入りカード10枚プレゼントとか、写真入りキーホルダーとかつきました。
なんだか脳みそが疲れていたのか、写真チョイスがおかしくて、キーホルダーの写真は裸んぼう・・・。完成品を見て、夫婦二人で「どー使えばいいんだろ・・・」と顔を見合わせたのでした。

で、お祝い膳はこんな感じ。自宅で煮物となますを作り、鯛を焼いて実家に持っていきました。赤飯とお吸い物はパックのものを使いました~。逆から撮ったので逆さまに写ってます・・・。
hyakunichi.jpg

おじいちゃんに抱っこしてもらい、パパに食べさせてもらいましたが、今まで食べ物を口に持っていったことがないため、
ひーちゃん、興味なし。
赤飯を口につけられようが、口を開けようともせず、ぼーぜんとしてました。ま、それでも楽しかったけどね。

明日からまた20日間弱、極寒の地元に帰省しまーす。ダンナさんはおいてけぼりです。。。
ちょっと早いけど、皆様、良いお年を!
また携帯でブログUPします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smalltown.blog7.fc2.com/tb.php/313-1f9f6f14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。