小さな町へ
2005年4月から1年間カナダのクレストンという町で1年間過ごし、2006年4月に帰国。 クレストンでの生活、帰国後の生活など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
でべそのその後
生後3ヶ月が過ぎ、あさっては百日です。
ますますプクプクになって、抱っこするとずっしり重くなってきた・・・。最近、体重計ってないけど、たぶん7kgくらいありそう。
週末にダンナさんがあやすと、「うきゃっうきゃっ、あーー(爆笑後のためいき)」と声をあげて楽しそうに笑い始めました 日に日に変化していきますねぇ

産後としても、心身が劇的に変化するこの3ヶ月が過ぎ、いつの間にやら体は落ち着いたかな~?って感じ。でも産後1ヶ月は、出産前とは自分の体が明らかに違う現実・・・。私の場合ナンバー3は、

 1.早食いになる
 2.ひざが驚くほど痛む
 3.快便で通ってるこの私が便秘になった

とにかく眠ってる間、機嫌の良い間に調理して食べてしまわねば!ゆっくり食べても大丈夫そうでも、あせってしまう。(これって体の変化じゃないか)

2は、毎日抱っこして立ち上がったり、寝かしつけるために抱っこしてスクワットや階段の上り下りで、ひざが限界に・・・。テレビのコマーシャルでよくある、立ち上がったりするとき「ぴきっ」となってる、あれです。なんだかわからんけど、こんどろいちんだかヒアルロン酸が必要じゃないかと思っちゃう。

3もびっくりした。現在は回復したけど、1ヶ月半くらい衝撃的な固さで、妊娠中にも便秘にならなかった私が、毎日トイレにこもってました(シモの話ですいません)。きついね、便秘って・・・。

その他、独り言が多くなる(まあ、話しかけてるんですけど)、腕が痛くなる(幸い、腱鞘炎までいかなかった)ってのもありました。
数え上げれば、色々と出てくるんですが・・・

一番、色んな意味で、いや単に形状的に変化したのは、かの、でべそちゃん
出産前に服の上からでもわかるくらいぷっくりと立派なでべそは、出産後、どうなったのか!?

・・・でこぽんになりました。(妹曰く)

出産した直後は、「まだ妊娠7ヶ月?」って感じのぷっくりお腹なんですが、それが徐々にしぼんでは来たものの・・・
でべそだけは戻らず、でっぱなし。
ちょっとゆるいお腹に、妊娠線が入っていい具合のしわしわ感、その真ん中にぽこっとでべそが・・・
もう、でこぽんそのもの。(でこぽんって知ってます?へたのところがぽこっと出た柑橘類の実)

2ヶ月くらいはその状態で、もしやこれから一生、お腹にでこぽんを抱えて生きていくのでは・・・と不安になりましたが、残念ながら?現在は解消して、元のうずまきへそに戻りましたとさ。

・・・いつもながら、どうでもいいネタですいません。読んでくれてありがとうございます
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smalltown.blog7.fc2.com/tb.php/311-131978d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。