小さな町へ
2005年4月から1年間カナダのクレストンという町で1年間過ごし、2006年4月に帰国。 クレストンでの生活、帰国後の生活など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恐怖の爪切り
20080923110545
赤ちゃんのお世話の中で、これはありえない!と思う一つは、爪切りじゃないでしょうか。
生まれた瞬間から立派にそろっている爪…。信じられないくらい小さくてペコペコに柔らかい。
でも顔をかっちゃいてしまうので、切らなきゃいけないんだけど…。

どうやって切れっていうの、この爪たちを!

最初は、入院中の意識がもうろうとしている中、切ってるというか、なでてるというか…。ものすごーくちょっとずつ削ってた感じ。

最近は爪の硬さも出てきて、切るのにも少しは慣れてきました。熟睡してるときを見計らって挑戦してます。切ってる最中にビクビクっとされるとこっちもビクっとするけどね…。
コメント
この記事へのコメント
いつも感心するのが、お手手の爪です。
こんな小さいのに、ちゃんとあるんだよね~!
爪きり、怖いね・・・。柔らかいからなおさら。
2008/09/25(木) 00:12:51 | URL | なっちん #-[ 編集]
●なっちんさん
そうだよね~。わかってはいても、見るたびに「小さ~い!」と言ってしまう。足の小指の爪なんか、存在するのが奇跡的だと思っちゃうよ。
2008/09/26(金) 23:28:24 | URL | igudojo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://smalltown.blog7.fc2.com/tb.php/306-422a0874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。