小さな町へ
2005年4月から1年間カナダのクレストンという町で1年間過ごし、2006年4月に帰国。 クレストンでの生活、帰国後の生活など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
至難のW寝かしつけ
副題は、前回の内容と真逆、「撃沈しない姉妹」です。

昨夜、23時11分にようやく二人とも眠りました。
平日、私一人の時に修羅場となるのは、晩ご飯から寝かしつけまでの時間。
「さーちゃんが寝ている今のうちに、あれやってこれやって・・・」と
フル回転。

晩ご飯を食べ始めると、なぜかそれまで静かに眠っていたさーちゃんが、んげんげ言いながら起床。
ラックに寝かせたまま、食卓の側に持ってきて、ひざでユラユラ揺らしながら、んげんげ言うのも無視して食べる。
早食いで自分のご飯を食べ終わったら、ぐずるさーちゃんを抱っこしながら、ひーちゃんのご飯をせかす。

つい最近まで、なんでも好き嫌いせずに食べていたひーちゃんですが、最近は食べない
2,3口食べたか食べないかで、お味噌汁をスプーンですくって遊びだしたり、スプーンを投げ出して「食べさせて~」とつぶやく。
はぁ~とため息をつきながら、誉めたり、オバケがくると脅したりして、最終的にはご飯だけでもスプーンで食べさせる。
食事時間に1時間かかることもザラです

食べ終わったら後片付けもそこそこに、お風呂の準備。
下着やパジャマを準備しながら、さーちゃんを寝かしにかかる。
8時台にはお風呂に入りたい。でもこの時間帯は、さーちゃんの眠りは浅い。

ちなみに、さーちゃんは夕方までに、洗面台での沐浴ですませています。
お風呂で二人同時に相手するのは、まだ無理だ・・・。

さーちゃんが眠りについたら、間髪入れず「よし!お風呂入るぞ!」とお風呂場へダッシュ。
お風呂に入ってまもなく、目を覚ましたさーちゃんの「んあーー!んあーー!」という泣き声が聞こえてくる。
20分間くらい、仕方ない!と言い聞かせて、まずは自分をゴシゴシ。

次に、湯船で遊んでるひーちゃんを洗おうとすると、飽きもせず毎度毎度ここでも「いやだ」と抵抗
説得している時間はないので、「わかった、ママは一人であがる。窓からオバケがくるから、洗ってもらって。」と言うと、一発で折れる。

湯船でざっと温まり、まずはひーちゃんをタオルで拭いてリビングに放つ。
大泣きしているさーちゃんのところに行って、「さーちゃーん、どーーしたのー」と声をかけてくれるが、当然効果はない。
自分も拭いて、ひーちゃんにオムツはかせて、クリームやらパジャマやら着せて(ここでも抵抗するけど放っておく)
またまたひざでラックをユラユラしながら、自分も着るものを着る。
なんか、はぁはぁ言って、エクササイズしてる気分だ。

ひーちゃんには牛乳を準備。
大泣きしているさーちゃんに、やっと授乳して静かになる。ふぅ~
授乳しながら、自分の顔に化粧水やクリームをペタペタ。手足の保湿はこの際、忘れたことにする。

ひーちゃんに歯みがきをして、寝る準備。(ここでの抵抗も省きます)
この時点で10時近くになってたりする。

ここからがまた勝負。
まずはさーちゃんを抱っこしてユラユラ。
眠りについたらラックに置いて、ひーちゃんと二人で布団にダッシュ。
絵本を読んだり、歌を歌ったり、ひーちゃんの寝る体勢を整える・・・
かと思いきや、
さーちゃんがまたラックから「んあーー!」と叫ぶ。

はいはいやっぱりね、と思いながら、さーちゃんの元へ。
この時、ひーちゃんに「すぐに戻るから、布団でゴロンしててね。」と言ってみるが、全く効果なく。
ニヤっとしながら、私の周りでバタバタする。せっかく寝るモードに入ったのに・・・目がランラン。
ひーちゃんの物音で、さーちゃんも目がランラン。
この相乗効果で、二人とも簡単に寝付かない。

どうにかさーちゃんを寝かしつけて、また布団へダッシュ・・・という行ったり来たりを数回繰り返す。
このサイクル、延々と続くんじゃないか・・・と一人呆然と遠くを見たりする。
落ち着かないひーちゃんを叱りつけては、後悔したりの繰り返し。
仕方ないよね、まだ独り寝できないんだから。

どういうわけか、11時を過ぎると、それまで寝そうになかった二人がぐったりして撃沈する。
不思議なことに、見事に二人同時。
お互いに脳からアルファ波を出し合ってるか、テレパシーでも使ってるんじゃないかってくらい。

はぁ・・・今日も11時過ぎたか・・・と敗北感にうたれて、よろよろと立ち上がる。
やっとシーンとなった部屋で、一人お茶でも飲んでると、ダンナさんが帰ってくる。


ただのバタバタを長々と文章にして、すいません。
でも、実際のバタバタの最中は、キーーーーっとなってばかりで、見せられたもんじゃない。
だから、ダンナさんや義妹がいて、ひーちゃんをお風呂に入れて、寝かしつけてくれるだけで、生きた心地がするくらい「助かったー」と思うのです。

さて、今晩はどうなることやら。
ちなみに、今17時現在、二人とも昼寝で長々と撃沈しています。
もう2時間以上か?
あーあ、今晩も敗北しそう・・・
スポンサーサイト
撃沈姉妹

昨日の夕方、昼寝をせずテンションが高かった姉は、ソファでテレビを見ながら撃沈。
授乳しながら妹も撃沈。
間にいた私が二人を残して立ち上がったら、こんな形になってしまった。
さーちゃんはひーちゃんの髪の毛をつかんでいます(^o^)
1ヶ月と19日
出産報告ぶりです、ご無沙汰してます。
今年もよろしく。

産後、1ヶ月と19日が経過しました。
うーむ、何から報告しようか・・・書くことも頭の中もまとまらない

あ、まずは年末の29日に行った、1ヶ月健診のことを。
二女のブログ上の愛称は、「さーちゃん」です よろしく。

さーちゃんは、1ヶ月で体重が、約1.5キロ増加
平均的には、800グラム~1キロくらいがよしとされているので、平均の1.5倍!
すばらしい増えっぷりでした

助産師さんにも「すごいねぇ~」と感心されたけど、私たちはそれほどの驚きはなく。
なぜなら、ひーちゃんは1ヶ月で1.7キロ増えて、生まれたときからものすごい変貌をとげたので・・・
ものすごいムチムチさんで、太ももや腕には何本も輪ゴムをはめたようなあとが
なので、さーちゃんの増えっぷりを見ても、「まーそんなもんか~」って感じでした。

数字にも出ている通り、母乳の出もよく、飲みっぷりもいいです。
1日に7~8回の授乳かな。たまに「さっき飲んだじゃん」ってくらいで欲しがるときもあるけど、大体3時間くらいはあきます。

小さくてまるっこかった顔は、ほっぺがぷくぷくに膨らんで、洋ナシみたいな形になってきた(しもぶくれ?)
生まれた時から、髪の毛は立派に生えてたんだけど、顔が大きくなってきたので、
顔周りの毛は密度が少し薄くなって、頭頂部は逆に伸びてきて、ソフトモヒカンみたいなイカした髪型になってきた

だんだんと、目が見えてきて、人の顔をじーっと見て、たまにニヘラっと笑顔になります。
まだ声を出して笑わないね。
人恋しいと「あーーぃっ、あーーぃっ」と足をバタバタさせて、人を呼びます。
お腹がすいて限界のときは、「んーーー!!んーーー!!」と大声で泣きます。

ひーちゃんの様子はまた今度詳しく書くけど、割とすんなりとさーちゃんとの生活に入れた気がする。
よく世話をしようとします。邪魔してるのか?って時も多いけど

助産院での出産や入院についても、また次回以降で。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。