小さな町へ
2005年4月から1年間カナダのクレストンという町で1年間過ごし、2006年4月に帰国。 クレストンでの生活、帰国後の生活など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近所の古墳
自宅から歩いて数十秒のところに、なんと、古墳があります
そう、あの学校の歴史で習う、むかーしのえらい人のお墓、古墳です。
車を停めている駐車場からは、数秒のところ。
この家に住んでもうすぐ5年になるけど、なぜか行ったことがなかった。
なんでだろ。ものすごく近いと、行かないもんなのだ・・・

休日や、平日の昼間に、家の前の道路を中高年の方々の団体がぞろぞろと通り過ぎることがあった。
なんと、団体でツアーを組んで見学にやってくるのだ!小学生の歴史探索っていうのもあったな~。
近所の人ではないおじさんおばさんに、「古墳はどこですか?」と聞かれたこともあった。
実はそんな、歴史ロマンの穴場・・・に住んでいたわけです

で、先週やっとこ行ってみた。
住宅街が続く道を行くと、ふと行き止まりが出現。
kofun1.jpg

なんと! あの代表的な形、前方後円墳だってー!しかもここら辺では最大級!
なんだか、そそられるねー!こりゃーツアーも来るはずだわ!

kofun2.jpg

ん・・・?
なんだか、ここら辺にはいたるところにある、雑木林のような・・・。
でも、ちゃんと墳丘がある。思ったよりこじんまりだけど。
たぶん、手前の低いのが「前方」で、奥のこんもりしてるのが「後円」かな?

どうでもいいことなんだけど、前方後円墳ってイメージとして、円の方が「前」って感じがするよね。
頭の中で、鍵穴の形を連想しちゃうからかな?それって私だけかな
はい、どーでもいい話でした

古墳は住宅に囲まれた空き地みたいに、そこに溶け込んでる。
・・・目の前が古墳って、どんな感じなんだろ・・・。
天気が良かったので、木漏れ日がきれいで、ゆっくり時間が流れるような場所でした。

そんなステキな古墳が近くにある今の家から、今週末に引っ越すことになりました!
この家に住んで、もうすぐ5年。色んなことがあって、すごく変化した年月だった。
5世紀からそこにある古墳にとっては、一瞬のことだろうけど

ちなみに、引っ越すと言っても、歩いて5分のすぐ近所なので、いつでも古墳は見られるんだけどね
番地だけしか変わりません。
そんなわけで、近くの方も遠くの方も、また遊びに来てください。

荷造りしなくては・・・はかどらないけど・・・

おまけ。
kofun3.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。