小さな町へ
2005年4月から1年間カナダのクレストンという町で1年間過ごし、2006年4月に帰国。 クレストンでの生活、帰国後の生活など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬に噛み付かれた
って言っても、そんなに大げさではないんですけどね、最初に言っておきますと。

今日は仕事なかったので、午後に用事がてらお散歩に出かけてみました。
すると家を出て間もなく、犬の散歩をしているおじさんとすれ違いました。
うちの近所はやたら犬の散歩族が多いので、別にいつものこと・・・とスタスタ歩いていたら、そのおじさん、すれ違いざまに何かをコロコロっと投げたのね。見たら大きい松ぼっくり。犬に向かって「ほら、取ってこい!」みたいな感じで。

そしたら、その連れの犬、タタタっと松ぼっくりを追いかけたと思ったら、横をすれ違おうとしていた私に近づいてきて、なんと、
かぷっと右太ももに噛み付いた!!

・・・もーー、声も出ないくらいびっくり
思いもよらない、しかも人生初めての経験・・・。

おじさん、あせって「ごめんなさいね~」と謝り、犬にこらっ!と怒りながら歩いて行ってしまった。

松ぼっくりの色と似ている茶色のズボンを穿いていたといえ、通行人に噛み付くなんて・・・どんなしつけしとるんじゃ!!
・・・この・・・バカ犬め!!

と、悪態をつきたかったのですが・・・
私は「びっくりした~・・・」としか言えず・・・。太ももが少ししびれてたけど、軽く噛まれただけだし、傷ついてる感じもしなかったので、そのまま歩き出しました。

まったく~、びっくりさせないでよね!!
帰り道に少し太ももがしびれてきて、家に帰って見てみたら、ほんの微かですがぷちっと内出血の跡が・・・。犯犬は、茶色い雑種で、デブってました。

はぁ~、なんでだ?戌の日が近いから?実は縁起良かったりして・・・。

※戌の日・・・妊娠5ヶ月の最初の戌の日に、お腹にさらしの腹帯をまいて安産を祈願する習慣がある。

ほんと、小さな出来事だけど、毎日何が起きるかわかりませんね~。今度から犬とすれ違うときは少し気をつけよう。
スポンサーサイト
航空博物館見学
週末、ゴロゴロしてばっかりいないで、どこかに出かけなければ!!
という、相方の強いモチベーションにより、成田にある航空科学博物館に行ってきました。
kouku1.jpg

なぜ航空博物館なのか・・・?たぶん・・・某テレビ番組の影響かな・・・タモリ倶○部・・・。
元々、飛行機が好きだったらしいダンナさんは、目を輝かせて「あれはこの前引退した○○機だ!」と解説してくれます。「ふむふむ。」と聞く私。
こんな模型があったり
kouku2.jpg

古い飛行機の操縦席に入れたりします。
kouku3.jpg

一番はやっぱり、展望室からの眺めかな。成田空港の滑走路が目の前で、各国の飛行機が次々に離陸と着陸を繰り返すところを見られること。
kouku4.jpg

その間隔は驚愕です!離陸待ちが数機、渋滞していて、一機離陸したと思いきや、すぐに逆の空から飛んできた飛行機が着陸。で、違う飛行機がまた離陸・・・、とものすごい過密っぷり。もちろん一本の滑走路でこれが行われている・・・こりゃあ場所は違うけど、ミスもありえるんじゃないかと思ってしまう。よくみんな間違わずに飛んだり降りたりしてるなぁ・・・。
kouku5.jpg

外にも古い飛行機がたくさん展示されています。
kouku6.jpg


ただ個人的には、もうちょっと展示物が多くてもいいかなぁ、と・・・。操縦のシュミレーターとかあるけど、さらに有料だったり、1日に数回決められた時間に開放していて整理券が必要だったり。もうちょっと気軽に体験型のものがあるといいな。管制官のお仕事を簡単に体験できるものとかあったら良かったな~。あと、世界各国の機内食を食べれる!とかね・・・。

でも、やっぱり飛行機はすごいな~ってことを実感しました。人類が空を飛ぶようになって100年やそこらで、あんな大きな鉄の塊が絶え間なく空を飛び回ってるんだもん。飛行機があるからこそ、人は外国に何度も訪れることができて、色んなことをできるんですね~。船や徒歩で数ヶ月もかけて移動していたころを考えると、ものすごいことだよね。普通になっちゃってるけど。

おまけ。なぜか大きなはにわ。はにわの街でもあるんだって。はに丸くんを思い出すねぇ・・・
kouku7.jpg

よし!次は鉄道博物館に行かなくては!まだまだ混んでるんだろうけど・・・。
まぬけな夢
かなりがっつり休んだため、風邪はだいぶ回復してきました。

お腹はまだ出ていない、と書きましたが、先週病院で計ってもらった赤ちゃんの大きさは、頭からお尻までが5センチ。頭の幅が2センチ。標準的だそうです。それでも手足をピクピクと動かしているのが見えました そんなに小さいのに手の指も見えたし。胎動を感じられるようになったら、また楽しいんだろーなー。

どうでもいいっちゃーどうでもいい話なんですが、妊娠が発覚してから、私と相方が見たおかしな夢。

★私の夢★
 お腹がまだ出てこないな~、と思ってたら、急にソフトボールが浮き上がってくるみたいに、ぷくーーーっと膨れてきた!しかも、上下左右に揺れて激しい胎動!仰向けに寝れば治るだろうと、大人しく仰向けになる・・・という夢。

★オットの夢★
 早、出産に立ち会う夢。しかし、なんと口から出産しているではないか!ピッコロかと思った・・・という夢。

二人とも、未知な事への無知さ故に、こんなまぬけな夢を見たに違いないです・・・。
ご報告
こんにちは。

報告がありまーす。

この度、赤ちゃんを授かりました!!

現在4ヶ月、13週目です。予定日は8月18日。お盆だね♪
今のところ経過は順調。つわりも軽くてラッキーでした。
朝起きた後とか、ご飯食べてる最中に、胸がむかつくことはあったけど、吐いたりとかはなかったし、食欲も味覚も何も変わらず・・・
肉でも魚でも、なんでもムシャムシャ食べてます。
4ヶ月に入ったら、気持ちの問題か、さらに楽になりました。

1月も、レッスン中ゴホゴホやってる子ども達に囲まれつつ、
手洗いとうがいでどうにか風邪をもらうのは避けてたんですが・・・
この連休中に風邪ひいちまった・・・。そんなにひどくはないんだけど
今日は大事をとって、お仕事お休みさせてもらうことにしました。

仕事について。
こどもの英会話講師というお仕事について、1年が過ぎました。
週3日の実働以上に、すごく忙しい毎日でしたが、中身も濃かったな。
たくさんの子ども達とお母さん方に会えて、毎回色んなことがあり
ムカっとしたり、ほろっとしたり、心温まったりの繰り返し。
3月末で辞めることになりました。正社員じゃないので、自然とそうなる。
まあ、いつになるかはわからないけど、子育てが一段落して条件が整えば、同様の仕事ができればいいなと思うし、
何よりも、自分の子育ての参考になる生の経験ができたところが大きいです。

そんなわけで、これからは妊婦生活ブログと化す!!・・・のかなぁ?
今まで通り、よろしくお願いします
タイ旅行記その5 コーラル島編
え・・・?もう2ヶ月前の話?いやー、すごいね。年明けたどころか、2月だしね。

最終日の前夜、ホテル内にあるようなレストランではなく、思い切って通りの屋台レストランで食事してみました。屋台と言っても、バンコクにあるようなやばそう屋台ではなく、ちゃんとした厨房があって、食べるところがオープンになってるやつ。新鮮そうな魚をアピール!
phuket11.jpg

これがうまかったーー
左がグリーンカレー、右がトムヤムクン。あー、思い出してもよだれ出そう
phuket9.jpg

奥がなんかの魚の揚げたやつで、手前がイセエビ?の蒸したやつだっけな。ニンニクたっぷり~で、すごい食べ応え!
phuket10.jpg

シンハーも飲んで満腹満腹~、で、ちょっとパトンビーチの繁華街を歩いてみたんだけど・・・。
もーなんか人出もすごいし呼び込みもすごい。また値段交渉。したたかなにーさんにつかまったりとか・・・。
あと、バーが集中しているところは、イケイケなおねえさんたち(おにいさんかも・・・)がグネグネ踊っているところに、観光客がすごい集ってたり。男集団で歩いている人たちは、おねえさんたち(おにいさんかも・・・)にめちゃめちゃ声かけられてた。

もうバブリーな雰囲気にもちろんついていけず、ホテルに戻って就寝。翌日の最終日は、コーラル島という小島に行って、半日のんびり過ごすのだ

そして翌朝・・・ 事件発生。

相方がベッドでゴロゴロ苦しそうにしている。顔色が悪い。ものすごい気持ちが悪いらしい。
どうやら・・・
・・・・あたったらしい。

えーー!何にーー??じゃあ私もあたっちゃうのかな!?同じもの食べたし・・・。
とりあえずコーラル島ツアーどうする?と言うと、キャンセルせずに行くと言う。・・・その生気のなさで??

荷物をまとめ、迎えの車へ。港からは島までは、良い感じで揺れそうなスピードボードで行くらしい。・・・ちょっとした地獄?

袋をスタンバイしつつ、30分くらいで無事に島へ到着。
おおお~!!プーケットより断然人がいなくて、きれいな砂浜と海だ!!天気もいいし!ね~!?
・・・・
(となりでは黙々と、レンタルのチェアで寝る準備)
こんな感じで・・・
koral1.jpg

とってもきれいな海ですってのに・・・
koral2.jpg

一人、こんな状態。
koral3.jpg

かわいそうに・・・。       ↑ここね。
よし!二人分、シュノーケル楽しんでくるからね!
koral4.jpg

それからはシュノーケル三昧。魚もいっぱい、でかいウニもいっぱい(ひーー!)。ランチビュッフェももちろん一人で堪能し・・・。
さすがに相方も、根性で1度だけシュノーケルやってました。よくできたね・・・。のんびりできて良い島でした。

午後、島を出発しバンコク乗換えのため、スワンナプーム空港へ。
この空港・・・ムダに広すぎる! 乗換えで国際線ゲートまで行く間に、果てしなく免税店街が続いている!何kmあるの?っていうくらい。まだグロッキー状態の相方と私は、もちろん免税店に何の興味もあるわけでなく、どちらかというと嫌悪感いっぱいで歩き続ける。とにかく搭乗ゲートにつかなきゃ!!夢中で歩き続けると、なんとチェックインもしてないのにゲート(果て)に着いてしまった。
・・・なにここ?チケットなくても荷物チェックしてゲートに行けちゃうの?

チェックインカウンターまで戻らなくては・・・。ダンナさんをゲート前に残し、今来た道を歩く。というか走る 人に聞いてやっとカウンターを見つけた!!・・・カウンターには写真立てくらいの大きさの「JAL」と書かれた看板が置いてあるだけ・・・。わかりづらいっての!
カウンターの現地のおじさんが「連れはどこ?」の聞くので、事情を話すと、JALの日本人スタッフに連絡してくれるという。医務室の場所を聞くと、空港の外にあるらしい。・・・遠すぎて行けるか

日本人スタッフが来てくれるというので待っていると、他の日本人旅行者も「あー!ここにあったー!」と次々にカウンターにやって来た。迷ったのは私たちだけじゃないのね・・・ここじゃ当然だけど。
しかし、広すぎてスタッフが着くのが遅い。待っている間、カウンターのおじさんは心配して色々と話しかけてくれた。良い人だ~。
スタッフはなんと直接ゲートに行ったらしい。えー、早く言ってよー!またゲートに戻る。病状を聞いてくれたけど、何ができるわけでもないので、座席を一番後ろのトイレの近くにしてくれた。チケットは、さっきのおじさんが歩いて届けてくれた。あの距離を・・・ありがとう!!
にっくきムダに広い空港のゲート前。
koral5.jpg


こうして無事に飛行機に乗り込み、機内でもつらそうだったけど、どうにか無事に帰国したのでした。
しかし、一体何にあたったのか?
たぶんというか確実に、エビに大量にふりかけられていたニンニクが原因みたい。たまにあたるんだよね。
ちなみに私は全くの変化もなく、ぴんぴんしてました

これでやっとタイ旅行記終わりー!お付き合いありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。