小さな町へ
2005年4月から1年間カナダのクレストンという町で1年間過ごし、2006年4月に帰国。 クレストンでの生活、帰国後の生活など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウェディング準備編 ごくらくのワザ
結婚式までの準備っていうのは、打ち合わせや何かを決定することの連続だったり、ペーパーアイテムやプロフィールを作ったりと、色々でしたが・・・
これだけはやって良かった~、というのがあります。

あ、これは、どちらかというと女子向きのお話。。。

それは、何かというと、ブライダルシェービングでございます。
新婦用の美容アイテムは「ブライダル」と名のつくもので、まーとにかく色々とありますが。そしてとてもお高い!エステとかね・・・
私はエステは利用しなかったですけど、最低でもシェービングは必要だ!と思いました。肩とか背中とか、いつもは出さないところを出すし、顔も化粧のノリが全然ちがうらしいし。何より、自分でやるのは怖い・・・。ダンナさんに背中とか剃ってもらったというツワモノもいましたが、それはもっと怖い・・・。

で、色々とネットで調べた結果、近場の床屋さんでやっている所を見つけました。「シェービングは高度な技術です。」とな・・・。なんだか硬派な感じで安心できそう。
さらに、やはり肌がまけたりすることがあるらしいので、1ヶ月前くらいにお試しを勧めていました。で、式の1ヶ月前くらいにお試しで顔を剃ってもらいに行ったのですが・・・

それが、も~、ごくらく!!

なんていうか、手つきが素晴らしい!!ものすごーく優しいタッチでメイクを落としてくれて、触ってるのか触ってないかくらいのタッチで、刃をあてて剃ってくれるのです。
ほとんどエステ経験のない私は、感激の嵐
家族で経営している普通の床屋さん。そこのおじさんのたぶん娘さんと思われる、40代くらいの女性。ブライダルシェービングは20年くらいやってるらしい。

ちなみに剃刀を持ってシェービングをできるのは、理容師の資格を持ってる人だけなんだってね。当然、美容室やエステではできない。すごく難しい技術と言われていて、理容の技術の中でも、最後に習得するものなんだって。知らなかったー。
すっげー。確かに、すごい技術の持ち主でした。これぞプロって感じ。顔の筋肉に沿って丁寧に剃ってくれます。眠りに落ちそう・・・。
顔そりの後は、肌がぷるぷるに柔らかい!顔色も1トーン明るくなります。

本番は、式の二日前にやってもらいました。背中や腕も。さらに当日は「最終チェック」と言って、無料で最終仕上げをしてくれました。駅から床屋さんまでの送迎付き。会場に行く前に寄りました。「新婦さんには、一番きれいな状態で行ってもらいたい。」んだそうです。
なんていうか、仕事と技術に対するプライドを感じるね。。。

シェービングって、昔よく見た、床屋さんで男の人が顔を剃ってもらうっていうイメージしかなかったんだけど、こんなに気持ちの良いものだったなんて。おすすめです。
男の人も、今は美容室行く人が多いよね?床屋さんの顔そり、気持ち良いからやってもらえばいいのに・・・。
ただ、ちゃんとした技術を持ったところがいいね。

明後日の朝、バンコクに出発します。旅行となると必ず、転んだりベッドから落ちたりして、どこかしら負傷する私。今回は何が起きるやら・・・。
ではでは。
スポンサーサイト
ウェディング番外編 そうたの大冒険
ウェディング番外編で、甥っ子・そうたの冒険を。事実には基づいていますが、私が勝手に書く仮想の文章ですので、あしからず。

*****

ぼくは、iguおばさんのおいっこ、そうたです。0さい6かげつ。とくぎは、ひとりわらいです。ひとりでなぜかふきだして、おおわらいするので、たまにおとうさんとおかあさんはぶきみがります

ぼくは、このまえ、すごいけいけんをしました。

まずね、うまれてはじめて、おっきいひこうきにのりました
あかちゃんは、耳がいたくなってよく泣いちゃうそうですが、ぼくは、ひこうきがりりくする瞬間、またわらっちゃいました。にやりとね

それから、うまれてはじめて、でんしゃにのりました 上からまるいものがいっぱいぶらさがっていました。なんかがぶらさがってるの、だいすき。

それから、うまれてはじめて、たっくさんの人がいっしょうけんめい歩いているのをみました。
しながわえきっていうところを、ぼくのかっこいいベビーカーに乗っていどうしているとき、いっぱいのおとなたちが、だいたい黒っぽいふくをきて、みんなおなじ方向に、すごい早歩きであるいていました。みんなちょっとこわいかお。きっと、みんないそいでいるんですね。こんなにたくさんのおとなを見たのははじめて。めがまわりそう

それから、なんとかかんとかなんとか、っていう、すごい長い名前のお店で、夜ごはん。かおあわせ、っていうそうです。もちろん、ぼくはおかあさんのおっぱいがごちそうです。親戚になるおねえさんたちに、かわいい~っていわれまくって、ごまんえつです。それと、ひいおばあちゃんがすごいおもしろくて、おかあさんのひざの上でジャンプしておおわらいしました
その日は、うまれてはじめて、ホテルにとまりました。ベッドがぼよんぼよんしてたのしかった

そして、いよいよ、うまれてはじめて、おっきいふねにのる日です
うまれてはじめて、タクシーにのって、船乗り場へ。おとなたちはみんなおめかししています。ぼくもかっこいいふくをきました

雨がふってて寒かったけど、ぼくのすむ街にくらべたら、ぜんぜんへいき。
おとなたちは、ものすごい必死になって、カメラで写真をとりまくっています。ぼくもおばさんといっしょにとりました。おばさんはすごい化粧してて、おばさんだとわかりませんでした。ひとがいっぱい!たくさんの人に話しかけられました。

さっきまで、みんなにこにこしてたのに、おばさんが話しはじめたら、みんなしくしく泣き始めました。ぼくのおかあさんなんかたいへんです。ビデオをとりながらべしゃべしゃになってます。しまいには、ナプキンで涙をふきはじめました。ぼくのよだれかけと同じくらいべしゃべしゃです。

帰るときには、ぼくと同じくらいのおおきさのふうせんをもらいました。ホテルに帰って、ベッドの上でぼよんぼよんって音をだしてあそびました。ぼくの腕が上の方にひっぱられちゃうの。

次の日は、親戚のおじちゃんがとうきょうけんぶつにつれていってくれました
最初にいったのは、浅草ってところ。なんかしらないけど、けむりをかぶるといいんだって。でもおとうさんが「むせる」っていうから、ちょっとだけかぶりました。

次に、東京ミッドタウンっていうところにいきました。
・・・でもね、なんかしらないけど、入れなかったの。全館停電の日だったんだって。みんな、すごいタイミングだねっていってた。

次に、六本木ヒルズってところに行きました。駐車場に入るとき、うしろの車の人が「タイヤ、パンクしてるけど、大丈夫?」だって・・・・
おとなたち「大丈夫じゃないよねぇ。」
修理している間、ぼくたちは六本木ヒルズに行こうとしたんだけど・・・
たいむあーーーっぷ。
ひこうきにのる時間がせまってきたので、ヒルズには行けずに、結局車に戻ってきました。車はタイヤを交換して直ったみたいです。よかった

そして・・・じけんはまだつづくのです
空港に向かう途中の道で、かっこいいせいふくを着た人に、車を止められました。
・・・・なんとかいはん、だって。おじさん、お金をとられちゃいました。がっかりしてたよ。

でもどうにか無事に空港に到着。空港では、「きぬがささん」ていう人と「まいのうみさん」ていう人に会いました。ゆうめいじんなんだって。まいのうみさんは、しょっきんぐぴんくのシャツを着てました。

そんなこんなで、たくさんの人にあって、たくさんのことがあった3日間がおわって、ぼくのおうちに帰ってきました。たいへんだったけどたのしかったなぁ
ではみなさん、ぼくの大冒険を読んでくれてありがとう。またね
ウェディングくるーず その3 ~二次会編~
結婚式から9日が経ちました。早いもんですなぁ~・・・

旅行、決定しました。
12/1から6日間で、バンコク&プーケットに行ってきます
移動が多くてちょっと慌しそうですが、実は、私は初アジア!二人ともタイ料理大好きなので楽しみ♪
けっこうタイ旅行経験者いるよね?情報待ってるよ!何の予防接種は必要だ!とか、これは食うな!とか・・・

[ 2007年11月10日(土) 19時くらい ]
披露宴が終わり、バッタバッタと着替える。お世話になった担当者さんや司会者、ヘアメイクの方と挨拶。それぞれが素敵に盛り立ててくれて、やっぱプロだよね~!って感じ。ほんと楽しかったです、ありがとうございました。
そこで家族とも別れて、荷物が多いのでまずはホテルにチェックインするため、タクシーで移動。宿泊は、健康保険の提携を使って東京プリンスHでツインを予約していました。到着してフロントでチェックインしようとすると・・・なんと!!
ツインがエグゼクティブスイートに替わっていた!!

事前に電話したときに「結婚式」だと伝えていたため、ホテル側の粋な計らいで、「おめでたい日なので」変更してくれたんだって・・・
うわぁ~・・・予想していないラッキーなことって、こんなに嬉しいものなんだねぇ~

ひゃっほう!!スイートに泊まるのなんて人生初めて!!
やるじゃん!東京プリンス!
ウッキウキで部屋に向かいます。うほ~~ひっろーい!二部屋をつなげて一つとして使うので、バスルームも二つあります。ぜいたく~♪♪(←それだけで・・・)
クラシカルな感じの落ち着いた部屋でした。
CIMG0247.jpg

なぜか地球儀。
prince.jpg

しかし!ゆっくりしている暇はない!二次会会場に向かわなくては。大量の荷物をソファに投げ出し、スイートとは思えない光景に・・・。仕方ない!目をつぶってGO!

会場まではタクシーですんなりと行ってしまい、時間調整のためちょっと待つことに。ここで帰ってしまう友人や、ちょうど二次会から出席してくれる人たちと会う。

二次会会場は、広々として眺めも良いイタリアンレストラン。準備中に式場の付近をぷらぷらっと歩いていて見つけました。
二次会では、幹事たちと新郎が一生懸命用意した、クイズ大会&ビンゴ大会!賞品は「私たち夫妻宅無料宿泊券」とか「新婚旅行のお土産もらえる券」とか「ビンゴカードを一つ削れる券」とか・・・。もちろん罰ゲーム的なもので「私たち夫妻におごらなきゃいけない券」というのもありました。二日後にはもう早、行使してくれた人がいます!早い!他の人、待ってるよ~。

幹事&司会者たちのおかげで、私の地元の友人から、新郎の会社の人、前の会社の友人たち、学生時代の友人まで、みんなでなごやかに楽しく過ごせたかなと思います。

二次会も無事に終わりみなさんを見送った後、残った幹事&友人で話しているとき、式で残ったバルーン達に気がつきました。そこでみんなでリリースしちゃおう!!ということに。
ちょうどレストラン前は、吹き抜けになっていて、みんなで一斉にリリースすると、海風に吹かれてビルの間をビョーーーっと上がっていき、夜空に消えました。感動的な瞬間でした
式ではできなかったバルーンリリース、こんな所で、友達とできたのがすごく嬉しかった。式でやる以上に、印象に残ったかもしれない

その後はいつものメンバーで三次会、今まであんなに食べたのにまだ食うかーー!!っていう勢いで料理を食べ、ホテルに帰りました。
ほんとに良い一日でした・・・

次の日はゆっくりチェックアウト。ラーメン食べて帰りました(まだ食うか!)

妹が作ったウェルカムベアー&キューピーと、ホテルからの風景。
prince2.jpg

家に持ってきたブーケや会場のお花。真ん中は友達家族の子ども達が手渡してくれたブーケ!かわいい
bouquet.jpg
ウェディングくるーず その2 ~披露宴編~
今日、午後から仕事だ・・・。忙しくなる前に書いてしまおう。

[ 2007年11月10日(土) 16:00 ]
そういや、妹が私を見て「思ったより、キレイだね。」・・・それって褒めてるのか?

ウェイティングルームにいるとき、司会の人と直前の打ち合わせをしたのだが、これもあまりよく覚えていない。。。親戚や友人と写真を撮ったりお話したりしてるうちに、あっという間に出席者は披露宴会場へ。この時、みんなの様子が見たかったな~!
実は席札には芳名の他に、Wiiの似顔絵ソフトで作った、出席者それぞれの『Mii』をプリントしていました。ちなみに、私のMiiを公開しちゃうと、これ↓
abe_ikumi2.png

ドアの隙間から、みんなが席札に見入ったりお互いのを見せ合ったりするのが少し見える♪できれば胸元につけてもらいたくて、クリップをつけておいた。司会者も胸元につけてくれて、会場にアナウンスしている。みんなつけてくれるかなぁ・・・ドキドキ

この席札を作ろうと言い出したのは、実は新郎です。3ヶ月前くらいだったかなぁ・・・。お風呂から上がってきた新郎は、「ひらめいた!」って顔で嬉々として言いました。「全員のMiiを作って、席札につけるのどう?」
・・・・えー!!できるの?そんなこと そこからネットでパソコンに取り込む方法を調べ・・・できるとわかるや、出席確定した人から次々にMiiを作り始める。顔がはっきり写ってる写真があればいいんだけど、無い人もいて、写メで送ってもらったりもした。一つ一つ印刷。やっぱり時間もかかって、前日に会場に持って行った。。。
当日は「似てるー!」「こんなブサイクじゃないー!(新郎妹)」などと色々コメントがあり、けっこう楽しんでいただけたみたいで、良かった良かった 親戚もみんな胸元につけてくれてました。

あっとー、席札だけでこんな長文になってしまった 入場、そして新郎のウェルカムスピーチ。なんだかカミカミで危うい感じでしたが、どうにか終了。新郎上司の乾杯の音頭、そして歓談。即、色んな人が次々に来てくれる。
合間を見て、ばくばくと食事にありつく。友人が来て、「新婦なのに、けっこう食べてるね・・・」と一言。えー、だってー!できるだけ食べようと決めてたからさ!魚介のブイヤベース、うまかった!肉も半分以上食べ、赤ワインも白ワインも堪能♪

あれよあれよという間に、お色直しの時間に。そう言えば、夜景、全く見なかったな(食べてるから)。退場は母と一緒に。手をつなぎながら歩くのだが・・・母、さっさと歩きすぎ。しかもうつむいて、真剣に歩くのみ。親戚席から「ゆっくり!ゆっくり!」との声で、やっとちょっと立ち止まったが、やっぱりまたさっさと歩く・・・。みんなに見られてるとは思わなかったらしいです

これは私は楽しみにしてたんだけど、新郎は義妹と一緒に退場。もちろんその時、私は中座しているので見れなかったけど、あとで写真で見てほのぼのしました。私と違って、背丈のバランスがとれてるなー。妹にはナイショでサプライズだったので、名前が挙がった途端、「なにーーー!!」みたいな叫び声が上がったらしい。

カラードレスに着替える前に、トイレに駆け込む。これで残りもバッチリ!
お色直し入場。キャンドルサービスではなく、各卓で皆さんと一緒に写真を撮るフォトサービス。はい、早く集まってー。はい、次ー。みたいな感じで、バタバタと進む。ド、ドレスが・・・慣れないもんだから、歩きにくい。にも関わらず、新郎よりも先に歩いたりして、介添えの人に制止されたり・・・

こっからは流そう。ケーキ入刀、ファーストバイト(一口が大きくて、あごが・・・)、プロフィールDVD上映、友人への突撃インタビュー(サプライズ)。普段、あまりスピーチしなそうな人を選んだりしたので、友人からは「ムチャ振りすんな!」と苦情ありましたが、無視
親への手紙朗読。途中、鼻水がハンカチにくっついて、びろーんと伸びて焦る(新郎も目撃)。親への記念品贈呈。なぜか新郎父への「焼酎サーバー」、みんなウケてたね。

新郎の父、スピーチ。思ったより?上手でした そして、やっぱりぐだぐだな、新郎スピーチ。途中、覚えていた言葉が飛んだらしく、こちらを見て助けを求める。えーー!私にどうしろと。。。

そんな感じで退場、お見送りのときには、リリースできなかったバルーンをゲストに押し付ける。親戚とかは微妙に迷惑そうな顔してましたが、子どもたちは喜んで持って行ってくれました♪
やばい!仕事準備しなきゃ!じゃー、次回は二次会編か番外編で~。
ウェディングくるーず その1 ~挙式編~
気分を一新、テンプレートを変えてみました。

いやー、無事に挙式、披露宴、二次会が終わりました~。出席くださった皆様、おつかれさま&ありがとうございました
記憶が鮮明なうちに、当日の裏話なんかをUPしておくぞ!!この散らかりきった部屋はそっちのけにして・・・

[ 2007年11月10日(土) ]
朝、7時半に起床予定・・・が、6時頃に一旦目が覚める。やっぱ気が張ってるのかな?と思いつつ、ごろごろ。しかし、やっぱ雨か~。一週間前から天気予報は見てたけど、日に日に傘マークが大きくなってて。まーしかたないべー。きっと良いことはあるはずだ!(根拠なし)
7時半に起き上がってパンをほおばり、支度する。当然なんだけど、ノーメイクで来るように言われてるので、支度は楽チンだ~♪でも忘れると大変な、指輪と手紙だけは何があっても持って行かなければ!!何度も荷物をチェック(←ムダな動き)

で、ここで私は寄るところがあるので、新郎よりも早く出発。(この話に関しては、別で書きたいトピックなので、準備編でじっくり書きます。)
そして、途中の駅で新郎の乗った電車に乗り込んで合流。11時半に船乗り場に行き、ランチクルーズに出る船に乗り込んで控え室でヘア&メイクセットを始める。ここで、当日の式・披露宴担当のキャプテンと会い、軽く段取り打ち合わせ。元々の予定では、挙式はデッキでやる予定だった。でも雨で甲板もべちゃべちゃなため、今回は室内でやるとな・・・。覚悟はしてたけどがっかり 普段、雨が降ってても出かけるときには小降りになることが多い、自称・曇り女の力、発揮しないかな・・・

新郎は着替えるだけで準備が終わるので、しばらくやることがなく船内をうろうろ・・・。そして、隣のパーティー会場では親戚が集まったウェディングをやっているらしいのだがものすごいカラオケ大会状態!しかも演歌ばっかり!すごいBGMだよ~ これからウェディングなのにド演歌・・・。ま、いっか。

メイク担当はとても気さくな人で、色々とお話しながら着々と準備。すると、部屋の外で誰かが「雨、止んできたねぇ。」と話している!え!ほんとに!・・・できないのかなー、デッキで挙式。そして準備がほぼ終わった時、キャプテンが来て言いました。
「実は今、雨が止んできたので、予定開始時刻を30分繰り上げて、天気がもっている間にデッキで挙式をしたいと思います。せっかくですから・・・」とな!!キャプテンすてきーー この時点で第一の感動(はやいー)。スタッフの皆さん、人海戦術で甲板の水も掃いてくださったみたいで。
そして、デッキに出て写真撮影。
・・・さ、さむーーー! 息が白い!肩を出してるもんだから、鳥肌全開!ぎゃーぎゃーとうるさい撮影だったと思います そして式のリハーサル。・・・順序が頭に入らない。寒くて。・・・ま、いっか。新郎に合わそう。

この頃、親戚は受付をして船に乗り込む。親戚集合写真と親戚紹介。ゆっくり挨拶をする暇もないが、みんな笑顔で声をかけてくれる。
親戚紹介も自己紹介型なんですが、みんな少し緊張してておもしろかった 自分が新郎・新婦とどういう関係か忘れたり、名前を言わなかったりと・・・ま、いっか

そして、挙式。友人達も船に乗り込んで来ました。こっち見ておーとかわーとか言ってる。ほらほら!早くデッキ出ないと!小雨の中、出席者は傘をさして参列してくれました。
挙式は船長式。船長さんと見られる方が、立会人として挨拶やサインなどをしてくれます。誓いの言葉を二人で言うのですが、その中に「愛の交響曲(シンフォニー)を奏でていくことを誓います」というのがあって、私としてはその言葉がなんだかすごくおかしくて、そこだけ元気良く言ってみました

一番前に座っている母と妹が小声でなんか言っている。「・・・常に歯出してるよね。」
はっ!確かに!歯が乾く!少ししまってみる。・・・二人「あ、しまったよ。」・・・聞こえてるから!

指輪交換・・・新郎の指に・・・入れにくい・・・。毛がからまって・・・。このっ!このっ!と内心で気合を入れながら、どうにか装着。
誓いのしるし、だっけ?ぶっちゃけ、キスなんですが、なんか唇の位置がずれてるけど・・・わざと?・・・ま、いっか。ブッチューーーよりは。

動作とか、これで合ってるんだっけな?と内心オドオドしながら、無事に挙式終了し室内のウェイティングルームへ。参列者にとっては、寒くて、傘だらけで視界の悪い挙式だったと思うけど、予定通り外でできて感激でした。キャプテンを始めスタッフの方たちには感謝・感謝です。ここで挙式後予定していた、バルーンリリースは雨のためできなかったけど、そのバルーンについてはまた、後々に感動的な瞬間があったので、それはまた後で。

細かく書きすぎて、文章長くてごめんね~ 私自身、忘れないようにと思ってさ。次回、披露宴編につづく。
いよいよ
ワタシ、忙しいアル。

いやー、結婚式まであと3日となりまして。
久しぶりにブログもUPしてみたりなんかして、そんな場合でもないんだけども。
式準備、最後の追い込みちゅー。

既に結婚式を終えた友人たちには、口をそろえて「準備、大変だよ。」と言われてきたけど、ほんとに大変でした
でも、「絶対やってよかったって思うから、がんばって。」との言葉を信じて、当日は楽しめたらと思います。
ほとんど準備のことについてブログUPしなかったのは、ネタばれしないように
とはいえ、それほどのネタはないんですけど(怠けてただけ?)。式が終わったら、結果報告などできれば良いかなと思います。

・・・レーシック手術の詳細をUPするはずだったのに・・・ もう2ヶ月前のことになってしまい、記憶もおぼろげ・・・。そのうちゆっくりと振り返るということで。すいません

遠くから式・二次会に駆けつけてくれる方々、近くの方々も、当日は気をつけてお越しくださいね。ではでは。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。