小さな町へ
2005年4月から1年間カナダのクレストンという町で1年間過ごし、2006年4月に帰国。 クレストンでの生活、帰国後の生活など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メガネザル卒業
なんと!10月ですね! またまたご無沙汰しておりました~。
なんだって、9月という季節はあんなに忙しいのか・・・。
ま、仕事でレッスン参観があったり、レポート(成績表?みたいなもの)作らなきゃいけなかったりでね。でも、いい!もう終わったから!よくやったよ、私

そんなワタワタしていた9月にも、私の人生において、とても大きな出来事が!!

ななな、なんと・・・
なんとですね・・・
何が起きたかというと・・・(しつこいね)

目が良くなっちゃった!!べらぼうに!

近視歴・20年。コンタクト歴・15年。
まあ、メガネにもコンタクトにも本当にお世話になりました。
しかし、今は何もつける必要なし!裸眼生活です。

実はね、レーシック手術を受けたのです。角膜にレーザーをあてて視力を矯正する手術です。
カナダにいたときに受けたいなとも思ったんだけど、その時はあきらめました。
先々月に相方が受けた後、「よし、安全だ!」と確認して受けました。
右は元々0.04→1.5、左は0.08→1.5になりました。

いや~、やっぱり快適快適♪毎日の小さなこと、慣れていたこととは言え、朝と夜メガネをかけることも、出かける前にコンタクトをつけることも、夜コンタクトが乾くこともなく。
起きてすぐメガネをつけなくてもよく見えるし、お風呂は今までぼんやりした中で入ってたので、今は「汚な!」とか思うし、顔を洗うときに顔がぼんやりしないし、着替えるときや化粧水をつけるときにメガネをはずす動作がない!
そして、何よりよく見えますわ~!遠くにいる知人もすぐわかる。

検査・手術は正味3日間。入院の必要もなく快適でした。
手術は怖くなかったか?・・・私は正直、レーザーあてるときちょっとビビりました。眼球を固定するために、まぶたをぎゅーーーっと押える器具をつけるときが一番痛かった。

まあ、角膜を直接矯正するから、色々リスクはあります。視力が思うとおりに回復するとは限らないみたいだし。今は、夜、外に出ると電灯などの明かりが少し広がって見えます。でもまあ、メガネのときよりはまし。

そんなわけで、メガネザルから卒業しましたのでよろしく。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。