小さな町へ
2005年4月から1年間カナダのクレストンという町で1年間過ごし、2006年4月に帰国。 クレストンでの生活、帰国後の生活など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お礼
ごぶさたしております。3週間以上ぶりの更新となってしまいました。

実は、去る8月5日、入院中の父の容態が急変し、そのまま息を吹き返すことなく、他界いたしました。行年55歳でした。

5月29日に父が倒れて入院してから、様々な形で励まして下さったみなさまに心からお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

前回、ブログの記事を書いたのが8月4日の夜10時半頃。その、たった4時間後の5日午前2時半、電話が鳴った。容態が急変したとの病院からの連絡だった。病室で1時間近くに及ぶ心臓マッサージも実らず、家族に見送られて最後を迎えました。
釧路の病院に転院してから5日目のことで、「これからだ」と、長引くことを覚悟していた家族にとっては、本当に突然のことでした。私たちに介護もさせず、「もういいよ。」とでも言うように亡くなった父。生まれ育った釧路に帰るために、帯広の病院で2ヶ月も頑張ってたのかもしれない。そして、最後に父が釧路の空気が吸えてよかったと、心から思っています。

本当は、こうやって文章にするのは、やっぱりちょっと怖かった。今はだいぶ日常生活に戻りつつあって、でもこうして振り返って書くことで、感情が高ぶってやっぱり今も涙が出てしまう。

それでも、不思議な幸福感みたいなものが、自分の中にあります。父の死に立ち会わせてくれたこと。一歩間違って、カナダに行った時期がずれたり長引いたりしたら、私は何にも立ち会えなかった。
倒れる前に一緒に時間を過ごせたこと。目を開けて家族を見たこと。亡くなる2日前に、二人きりで時間を過ごせたこと。亡くなった日の夜、長い時間いつものように晩酌をして話をしたこと。
不思議なことに、いないことが日が経つごとに信じられなくなる。どこにいるのか、と。

今はいつもの毎日に戻って、家族共々元気にやってますので、あまり心配しないでくだされ・・。四十九日の9月22日まで、実家にいる予定です。

ブログも、また身近な小さいネタでぼちぼち更新していくつもりですので、よろしく。ではまた!
スポンサーサイト
帯広への道 番外編
月曜日、父が帯広から釧路の病院に無事転院することができました。朝早くに実家を出発。12,3度くらいだったのかな。寒い寒い言って家を出た。帯広からの2時間20分の行程、特に何の問題もなくすんなりと釧路に到着。
そこで看護士さんの説明を聞いたのですが、これまたすごいしゃべること・・・。何でもがんがん聞いて!って太っ腹な感じ。ただ、前の病院での対応を「普通はこういうことしないんだけどね・・・」と私たちに言われても。。。それぞれの病院でやり方はあると思うんだけどね・・・

さて、得意の番外編ということで、父が倒れた直後に撮った写真をUPしてみようかな。

もう2ヶ月前になる。帯広手前に豊頃(とよころ)という町がある。そこには「ハルニレの木」と言って、ちょっと有名な場所があります。
CIMG8341.jpg

川沿いのだだっ広い所に、大きな木がポツンポツンと二つ立ってる。ただそれだけなんだけど。北海道らしい風景として町もアピールしていて、ツーリングの人達や観光客が訪れる「穴場」みたいです。
でかいっしょー
CIMG8343.jpg

帯広名物、豚丼。市内を走っているとあちこちに豚丼ののぼりが目に入る。特徴は、すっごい黒い。肉はかりっとしてて、ソースはちょっと苦味がある。いや、こげただけじゃないから・・・そういうもんらしいです。
CIMG8361.jpg

これは7月上旬のじゃがいも畑。ほんわりとした紫色の花に覆われる。
CIMG8395.jpg

おまけ。6月上旬の実家前。
CIMG8339.jpg

おまけのおまけ。今日は虹が出た♪
CIMG8462.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。