小さな町へ
2005年4月から1年間カナダのクレストンという町で1年間過ごし、2006年4月に帰国。 クレストンでの生活、帰国後の生活など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再びのほほん散歩
昨日、ほげーっと散歩してたら、新たな連れが出来ました。
遠くの農家からワンワン吠えてる犬がいるなー、と思ったら、いつの間にか後にぴたりとついてきてるではないか!!

Hey, buddy! 一緒に散歩したいの?・・・そっかー、しゃーないねー、一緒に行きますか。
dog1.jpg

けっこう大きなゴールデンレトリバーのオスかしら?人懐っこい子でした

これはちょっと前の写真だけど、幻想的な夕方の風景。
mountain3.jpg

これから日本語クラスなので今日はこの辺で。
スポンサーサイト
政治的な話
今日はかなり長くてマジメな話です。

先週日曜にカナダでは総選挙がありました。2ヶ月くらい前に国会が解散。年末年始を通して選挙活動があり、テレビでは連日選挙の報道。
そして結果、与党のLiberal党(自由党)の議席を、野党のConservative党(保守党)が上回り、政権交代、ハーパー新首相が誕生しました。ただ、保守党は議席過半数を獲得できなかったので少数与党となります。ハーパー政権はアメリカのブッシュ寄りと言われていて、保守化・アメリカ寄りが進むと予想されてるようです。公約の減税も進むのかな?

さて、まったく別の話なんですが、個人的にとても政治的な出来事があったので、それについて。
1月になってから韓国人の子どもたちがグループ留学で、クレストンに滞在しています。それぞれの小学校に1~3人。高校にも8人くらい。
先週の水曜、ガールガイドのボランティアをしに行きました。女の子たちに折り紙を教えてほしいと頼まれて。行くとそこに韓国人の女の子が一人参加していた。折り紙を教えてる最中に「せんせい!質問があります!これとは関係ないけど」と言うので、「じゃあ終わったあとで」と促した。で、スナックの時間にいきなり目の前に現れ「ぺ・ヨンジュンって知ってる?」との質問。「知ってるよー、日本で有名。」第2の質問「BoAって知ってる?」「知ってるよ、人気あるよね。」
そして、第3の質問「竹島って知ってる?」

・・・なるほどー、これが聞きたかったのか、と思った。「知ってるよ。」と答えると「竹島は、韓国、日本のどっちの領土だと思う?」正直に「私はわからない。あなたはどっちだと思う?」と聞いてみた。答えは分かってたけど・・・。「韓国の領土。(新聞の名前)で言っている。小泉純一郎知ってる?好き?正直に答えて!韓国人はみんな嫌っている。彼はうそつきだ。」とまくしたてられた。私は「政治的な話で、私たち個人間の問題ではないよね。」と言うと、腑に落ちない顔をして会話は終わった。
その後、私が女の子たちの写真を撮るときに、「チーズ」の代わりにその韓国人の子が「トットーー」と何度も言う。思わず「なにそれ?」と聞くと「韓国語で竹島」との答え。「トクト」と言っていたのだ。
こういう状況に出くわしたのは初めてだったので、かなり驚いてしまった。でも現状の二国間の関係、韓国人の感情を考えると、仕方の無い出来事。今まで直面したことが無かっただけの話。ただ、正直言って、彼女の態度は非常に腹立たしかった。したたかさを感じずにはいられなかった。

だけど、それだけでは終わらず、小学校に行ったときに別の韓国人の男の子二人がいた。そのクラスに行って日本語を教えたときにも同じことが起こった。一人の男の子が「せんせい、竹島って知ってる?どっちの領土だと思う?あなたは韓国の島だと認めるべきだ。韓国の領土だから。」というようなことを言った。またですか、と思い前回と同じような返答をした。その子の私に対する態度も友好的とは言えなかった。

韓国の子どもは「日本人にあったらまず竹島のことを聞け。」とでも教育されているのか、とまで思った。嫌な思いもしたけど、深く考えさせられたのも事実。ただ、私はラッキーだと思った。既にソリと友達だったから。ソリとは出会って早い時期に竹島の話をしていた。彼女は1年半カナダに住んでいるし、日本人の友達もいるので、18歳なりに割り切った考えを持っている。

12,3歳での視野の広さ、教育、国民の気質、色んなことから考えて、仕方の無い出来事なんだと思う。でもそんな子たちが、ここカナダで、私のクラスで折り紙や習字など日本の文化を一緒に体験することに、少しでも意味はあると思いたい。
日本人の不思議 その1
こんにちは。ホームステイ先のPCに日本語IMEをインストールして、日本語打てるようにしちゃった。
今週はクレストンにも雪が積もって、スキー場の雪質は最高だろうな~って感じです。しかし今週末はスキーには出かけずのんびり過ごしています。

昨日は、クレストンの奥様方と2週間毎に実施している「日本語会話クラブ」に行ってきました。そこに最近参加するようになった一人の奥様が、ある日本のテレビ番組のビデオを貸してくれました。聞くと、「ダンナが出演している。」とのこと。最初、「日本人がハネムーンでカナダに来る映画」と聞いていたので、どんな映画だろう?と思っていたら、題名はこんなでした。
CIMG6154.jpg

まあ、もうこの時点で映画ではないのは明らかなんですが。。。嫁姑バトルもの・ドラマスペシャル・玉緒主演、と3拍子そろってます。
CIMG6155.jpg

・・・あ、バトルどころじゃありませんでした。デスマッチでした。より過激です。
極めつけがこのサブタイトル。もう意味がわかりません。
CIMG6153.jpg

カナダみだれ髪ってどういう意味だよ!!こんなの説明できないよ!!
とりあえず、最初から最後まで通して見てみたら、キーナが「なにこれ、おもしろい!」と以外にも好反応。玉緒扮する姑が、息子夫婦をハネムーン先のカナダまで追っかけてくる、という話なんですが、バンフらへんで車が故障して着物姿で凍えてたり、ところかまわずタバコを吸おうとしてバスを降ろされたり(はあ・・・)以外にバカウケでした。嫁姑がケンカしてる場面なんか「アジア人って怒ると、すごい怖い顔だよね!!」とキーナはエキサイト。「だから日本のホラー映画は怖いんだ・・・」と変に納得してました。

それから玉緒の目を見て、「この人ってちゃんと見えてるの?まぶたが下がってるけど・・・」と変な心配をしてました。アジア人は欧米人に比べて、目が細いけど視界は同じなのか不思議に感じてるようです。そんな疑問を持つとは・・・予想外で返答に困ってしまいました。

お友達のダンナさんの出演場面というのは、玉緒と嫁役の田中美佐子がバンフで道に迷って、夜中にウロウロしているところを、泥棒か動物かなんかと間違って、襲撃しようとした喫茶店店長の役。その後喫茶店内でコーヒーを二人にご馳走してあげて出演シーンは終わり。トータル30秒くらいだっただろうか・・・

今年って平成18年?てことは11年前のドラマでした。玉緒健在。
ちなみにここBC州では、公共建物内ではタバコを吸うことを法律で禁じられています。ホテル・カフェ・レストラン・バーでさえも!喫煙者のみなさん、こちらにお越しの際は気をつけてください。
のほほん散歩
土曜はまたしてもスノボ行ってきましたー。今回はクランブルックの先のキンバリーという町。けっこう長いスキーヒルで、足疲れた 天気も終了間際にガスがかかってきたくらいで、視界は上々でした。

そんで・・・たまには(いつもかな?)のほほんと散歩の写真でもUPします。昨日日曜は、久しぶりに天気が良かったので、一人で散歩に出かけよう!と思ったら、犬のスニーカーズがダッシュでついてきた。
walk1.jpg

一緒に行きたいの?そっかー・・・じゃー行きますか。・・・しかしリーシュを持って出るべきだった・・・。走ってる車に向かって、ダッシュするんだよね、この子。途中から、車が来たらがしっと捕まえたけど。

しかし、冬とは思えない陽気!空がとてもきれいです。
walk2.jpg

土曜一日降り続いた雨のせいで、またまた雪がどっかに消え、たくさんのみずたまりが・・・
walk3.jpg

池がうっすらと凍っていて、まぶしい。
walk4.jpg

広大な風景が広がります。
walk5.jpg

いやあ、ほんと春みたい・・・
walk6.jpg

こんな感じで、ぽかぽかとのんびりした日曜を過ごしました。
5番目のホストファミリー
Hi! How are you guys?

何気に英語から始めるのは初めてでした。こんにちは。
さてさて、今週はけっこう忙しく過ごしています。月曜は午前中、小学校で剣道を教え、午後は高校。火曜は小学校で習字をやりました!

そして今日は高校で、日本語クラスが始まる前に、ESLクラスに行ってみることに。2ヶ月前くらいに、タイから引っ越してきた男の子二人に、カレンが英語を教えてた。さらに!今月から2ヶ月間、韓国の生徒たちが団体で留学してます。
なので、タイ人・2人韓国人・6人カナダ人教師日本人(私) の国際色豊かなクラスとなりました。一人一人と自己紹介をしたり、パソコンを使うのを手伝ったり(主にタイの子)、楽しかったです。
タイの子は、カナダに来たときに「Thank you.」しか知らなかったのに、会話が出来るようになってて驚いた!進歩ってすごい。

さて、日曜に5番目のホストファミリーに引っ越して4日目。家族の紹介~。お父さんのマイケル。家族で建築業?の経営をしています。ヘリコプターに乗せてもらった話を覚えてますか?マイケルは元スタントパイロット!料理も上手でファンキーなパパです。お母さんのメアリー。すごいきれいなママなんですよねぇ~。スタイルも抜群だし。秘訣を教えて欲しい・・・。そしてしっかりママです。長女のキーナ15歳。日本が大好き!すごくかわいい女の子です。勉強もスポーツも抜群。私と日本語で会話するのが彼女の中で流行ってるみたい 長男のコナー12歳?これまたかわいい小学生ゴルファーなのだ!
なんか・・・こう書くと、スーパーファミリーみたいだよね。いや、実際そうだけどね。

キーナは、さすがお年頃、ネイルやコスメが大好き。引越ししたその日に、私のネイルを手入れしてくれました!恥ずかしながら・・・人にネイルをしてもらうのは初めてで・・・てへ。しかもマニキュアなんて、ここ何年していない・・・
キーナはプロのように、パラフィンをしてくれたりマッサージをしてくれたり・・・。ドキドキな私。そして完成図はこれ!
nail1.jpg

たまにはいいねぇ・・・。女の子ちっくな気分になれました。
モザイク。
nail2.jpg

は!もう出かける時間だ!また今度~
MAMMA MIA!
今日は午前中に小学校で剣道、午後は高校の日本語クラス、今はコリナの家に来てネットを使わせてもらってる。この後また高校に戻って、女子バスケの試合を観に行くという、なかなかテンポの良い一日を送っています。

さて、週末の話。
実は昨日日曜に、また新しいホストファミリー宅に引越ししました。ホストファミリーの紹介はまた後ほど・・・
土曜は、ナンシー家で過ごす最終日だったのですが、ミュージカル・マンマミーア!を観に行きました。このチケット、ナンシーたちからのクリスマスプレゼントだったもの。公演場所は、アメリカのワシントン州、Spokaneという町で、クレストンからは車で3時間くらい。Spokaneは、まあまあ大きな町です。古めかしい作りの建物やレンガ作りが多くて、町全体が赤茶色。
あーあ、雨だよ、雨。
mammamia1.jpg

mammamia2.jpg

これは公演があるオペラハウス。
mammamia3.jpg

中に入ると、人がたくさん。ワインを優雅に飲んでるおば様方も。
しかし開演20分前だというのに、まだ開場してない!みんな通路で待っている。のんびりしてるなぁ・・・。
開演前のわくわく感がいいよね。
mammamia4.jpg

内容はどうだったかと言うと・・・。すっごいおもしろかった!!
実は本格的なミュージカルを観るのは初めて。理解できるか不安もあったんだけど、やはり歌が素晴らしい!どっからあんなすごい声がでるのかねーー。
ミドルエイジ女性中心のキュートで笑えるストーリー。歌は全編ABBA。会場中のおば様方が熱狂!!落としネタあり、オトナのロマンティックあり。
そしてダンスはプロフェショナルなダンスというより、年齢を感じる苦しいダンス(演技だけど)で、会場を熱狂の渦に巻き込むという・・・達人の域を超えてる感じです。
セリフとか歌の意味とか、よくわからなくて周囲の笑いについていけないことも多かったけど それでも十分に楽しめました。
mammamia5.jpg

公演終了後、そこでナンシー一家とはお別れ。この日はナンシー一家はホテルに泊まることになってた。私は次の日に引越しすると決めてたので、ヴィッキーたちとクレストンに帰ることに。
いやぁ・・・ナンシー家には2週間足らずの滞在にも関わらず・・・泣いてしまいました。 今まで4ホストファミリーを渡り歩いたけど、引越し時に泣いたのは実は初めて・・・
みんなとは学校で会うにも関わらず、とてつもなく寂しくなってしまったのでした。まあ、たまにはいいもんです。涙を流すのも。
New Year Eve と New Year Day
明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしく。
 ↑の挨拶を言ってないので、なんか年が明けた気がしない・・・

30日はクランブルックに行って、キングコングを観てきたよ!笑えたり、気持ち悪かったり、泣かせたり、なかなかエキサイティングな映画で、家族で大ウケでした。

大晦日は雪が積もっていたので、日中に雪かきとスノウマン作りに没頭。
omisoka1.jpg

フランスに旅行中のヴィッキーの庭先にも、巨大なスノウマン作成。レナード&ナンシー作。マッチョなヴィッキーのボーイフレンド(未来の)をイメージして作ったんだって 作りながら大笑い。
omisoka2.jpg

これはわたし作。「ヴィッキーがいなくて寂しいよー」を表現。
omisoka3.jpg

これはディビッド作。もちろんSpongeBobです。かなりよくできてる!
omisoka4.jpg


夜は、友人と太巻き寿司を作って、みんなで食べました。日本酒まで買ってきてくれたり、「Zen Garden」という超和風なCDをかけてくれたり、和風の食器が次々と出てくる・・・。日本の家庭よりも日本風なんじゃないか、ってくらい、とっても日本ちっくな大晦日でした。
omisoka5.jpg

omisoka6.jpg

昨日元旦は、新春初滑り、行っちゃいました。さすがにすいててリフト待ちはほとんどなし。しかし、そのリフトでなんと日本人男性と乗り合いになった。「日本人?えーー、こんなところに隠れ日本人がいたんだー。」と驚かれた。お互い様です・・・。彼は10年くらい前にワーホリでバンクーバーに住み、こちらの人と結婚して移民したそうだ。今は役者のお仕事をしているらしい。「春に公演あるから観に来て!」と。身近にもがんばってる日本人がいるんだなぁ、と励まされた。

あとね今日、おしるこを作ってみんなに挑戦してもらいました!日本から送ってもらった白玉粉でだんごを作り、友人のクリスマスプレゼントのあんこを使った。最初、「カナダ人は甘い豆は苦手かも?」と思ったけど、まあまあみんなおいしいと言って食べてくれましたよ。
oshiruko.jpg

明日3日から早速学校開始!小学校に行ってきます。
一年を振り返って
日本ではもう年が明けて昼過ぎですね。おせちやお雑煮なんかを食べて、そろそろ初詣でも出かけようってところでしょうか?
こちらは、年明けまであと2時間。今日大晦日は、夏にバンクーバーで会った日本人の友人が遊びに来て、二人で太巻き寿司を作りました。ナンシーが食器や音楽を超日本風に演出してくれて、とても良い大晦日を過ごしています。写真はまた今度UPするよ。

年明け前に、勝手に今年一年を振り返りたいと思います。
1月にクレストンに来ることが決まって、この一年が始まりました。それから会社を辞め、ビザを申請したり渡航準備をし、春にカナダに来て小学校・高校で先生方や子ども達と過ごす日々。
夏には、コーストを旅行。9月には家族もカナダに来ちゃいました。あれよあれよという間に、年越しです。今までで一番変化した一年だったと思います。たくさんのいい人たちにも出会えて、素晴らしい一年でした。
でもカナダに来て、自分が変化すると言うより、結局自分の基盤というか根本にあるものに向き合う毎日だったと思います。子どもの頃、純粋に好きだったものを再確認したり、シンプルに好きだと思えるものに再会したり。
「一期一会」という言葉を身にしみて感じています。色々な瞬間や小さな出会いが、どんなに大きな影響を自分に、周囲にもたらすか。考えるととても不思議です。

いつもブログ読んでくれたり、愛情たっぷり?のコメント・メールくれたり、それだけでとても励みになっています。どうもありがとう。あと3ヵ月半。マイペースで楽しみたいと思います。来年もどうぞよろしく!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。