小さな町へ
2005年4月から1年間カナダのクレストンという町で1年間過ごし、2006年4月に帰国。 クレストンでの生活、帰国後の生活など。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バスケットマン
田臥勇太。バスケットボールプレーヤー。
現在、NBAのクリッパーズのトレーニングキャンプに参加していて、プレシーズン戦に出場しています。
少し前の記事ですが、これは涙なしには見れなかった。
 → 田臥 自己最多の活躍で審判待つ
さらに、彼のオフィシャルページは、読んでると自然に涙が出ちゃうんだよねぇ・・・私だけ?

10年近く前に高校生だった彼をテレビで見て知り、それから何度となく、テレビなどで彼のプレーとバスケ魂?に魅了されてきた一人です。NBAという、日本人プレーヤーにとっては夢のまた夢だった世界に、単身挑み続けている姿には、カナダに来る前も来てからも、何度も励まされています。

何が一番すごいって、「姿勢」です。常に率直にものを言い、真っ直ぐに自分と向き合う。率直に冷静に自分のプレーを分析・反省し、自身の言葉で書いているオフィシャルページの日記を読むと、純粋な「バスケ好き小学生」から、ずーっと変わってないんじゃないかな、と思います。それってほんとにすごい事だ。アメリカ生活のことも少し書かれていて、勝手に親近感抱いたりもしてます

現在クリッパーズは16人の選手と契約していて、明日、開幕最大メンバー15人に絞り込まれる、つまり一人解雇されてしまいます。彼のポジションPGの枠3には、既に5人がいてかなり厳しい状況ですが・・・。日本中のバスケ少年・少女が応援しているはずだ!!私もこっそり?応援してます!どうかメンバーに選ばれますように!!
スポンサーサイト
リアル目玉のオ○ジ
昨日金曜、高校の日本語クラスの後、学校でランチ。普段は家に帰って食べるのですが。この日は校長のおごりでバイキングだったから。もちろん先生全員分です。なぜおごりか?と言うと、ストライキが原因なんですね。校長と先生達は普段は同僚でありながら、スト中は対立する立場という複雑な構図。校長は生じた距離を埋めるため、信頼関係を取り戻すため、このような計らいをしてるんだそう。ちなみに小学校校長ナンシーも実施したそうなので、どこの学校でもやってそう。

ランチ後、カレンが「これからdishwasher買いに行く!」と意気込んでいた。今使ってるものが水漏れし出したそう。なんだかおもしろそうなのでついて行くことに。言わずと知れたdishwasher、食器洗い機。日本では電気屋さんでよく見かけるようになったけど、まだまだ普及しているとは言えないよね?こちらは食洗機天国です。ほとんどの家庭にあります。しかもでかい。逆バージョンで言うと、日本のカーナビみたいな感じかな?(地元の車はあまりつけてないのでそうでもないか?)関東では今や大多数の車についてるけど、こちらでは全く見ない。まぁ・・・道から言って必要ないのかもね。

話は戻って、私たちはダウンタウンにあるシアーズに行きました。ノースアメリカの大手デパートさんですね。最近知りました。ここのシアーズはスーパーよりも狭くて、衣料品は全く置いてない。電化製品は並んでいるけど、どちらかと言うと、通販や取り寄せの受け渡し業務が主体みたいです。

いやぁ、電気屋さん(正確に言うと電気屋ではないが)に行くと、なんだかワクワクしてしまうのはどこの国も一緒なんですかね。いやー、食洗機がずらり、おっきいわー。
sears1.jpg

中身はこんなんなってます。ちなみにこれカレンが買ったやつ。
sears2.jpg

うほー!でかいオーブンがずらり!(なぜかほくほく気分)
sears3.jpg

ん?だれか寝てる。あ、ガイコツさんか・・・(ハロウィーン飾りつけの一つです)
sears4.jpg

この他にも、こんなん普通の家庭におくんか?と少し呆れるくらい大きなトレーニングマシーンなんかもありました。日本のジムに置いてあるのより大きいんじゃないだろうか・・・。
やっぱりねー、わかっちゃいるけど、明らかに
 日本のモノはなんでもちっちゃい!!
 カナダのモノはなんでもでっかい!!
ということを毎日実感させられますね。

昨日はもう一つ出来事が。家に帰ってすぐにホストファザーのロッドもハンティングから帰宅。ここ2ヶ月間ハンティングシーズンで、仕事以外は山に行ってばかりだったロッド。これまで成果はゼロ。しかし昨日!「今日ムース獲った!」とな。トラックに積んであったのですが・・・そこにはお腹で切られて半分だけのムースが。さすがに写真はブログUPできないものです。。。
さらに、車庫に行くと切り取られた立派な角が。
近くで写真を撮ろうとよく見てみると・・・ん?なんか光る丸いものが・・・

ぎょえーーーー!
め、目玉のオ○ジが角の上にちょこんと座っている・・・

注:幻覚を見ているのではなく、“ホンモノの”目玉がくっついていたのでした。これもさすがにグロテスク過ぎて、実物はUPできません。。。

最近、グロテスクなネタ多い?でもねぇ・・・仕方ないの。これがクレストンリアルライフ
******
I had a lunch in high school after Japanese class yesterday. I useally eat it in the house, but it was free buffet because the principal paid for it. The reason why it's free was because of the strike. The principal and teachers were opposed during the strike although they are co-workers. The principal tried to repair relations by doing this.
After lunch, Karen said she was going shopping to get a new dishwasher with enthusiasm, I was interested in that, so I hung out with her. I think that dishwashers are not widespread so much in Japanese yet as compared with Canada. I can find big ones in almost all houses. On the other hand, a car navigation system is not popular as Japan. I think it's because of roads. We went a department store, whose chain is one of most biggest, in downtown. But it's not big as bigger city's ones. It's a mainly window of a mail-order.
The 1st picture; big and many dishwashers in a line; We are excited in an electirical appliance store no matter where we are in, don't we?
The 2nd picture; inside of a dishwasher
The 3rd picture; big and many ovens in a line
The 4th picture; who is sleeping on the bed?
There were some big traning machines which I can't believe they're gonna be put in houses. I realise every single day that Japanese things are usually tiny, and Canadian ones are usually huge.
And my host father got a moose by hunting. I saw it on the truck. That was disgusting. I saw its horn had eyeball...
ニコ録
現在ホームステイをさせてもらっている家庭には、3歳7ヶ月になる怪獣ニコラスくんがいます。「ニコ録」は「ニコラス語録」の略です。シリーズ化するかどうかは、ニコラス次第・・・。

ニコ録 其の一
 昨日の夕方、一緒にお留守番をしていたら、いきなり腕に本気で
 噛みつかれた。
!!いってー(な、このやろう)!!」と
 思わず日本語で叫んだ。※()内は無音です。

ニコ録 其の二
 同じく昨日のお留守番中、腹部にジャンプキックをくらった。
 声が出なかった。

・・・なんか、「語録」にはなってないな・・・。ちなみにこの後、「となりのトトロ」のビデオ(英語)を見せたら、テレビに集中しだしたので被害は拡大しませんでした。

ニコ録 其の三
 今朝、シャワーを浴びてたら、ドアの向うからニコラスが
 「今、ハダカなの?中に入ってもいい??
 いいわけないだろー!!丁重にお断りしました。

ニコ録 其の四
 今日、目が合ったときにいきなり、「クゥーミー、アイラブユぐおぅふっ」と、派手なゲップつきで、言われました。いろんな意味で信じていいのか迷ってます。
※ちなみに、彼は私の名前を正確に呼ばず、最初の文字を省略します。

恐るべき3歳7ヶ月。
バット!!
今日は小学校へ。朝からいきなり衝撃的な?事件が!
学校に着くと、グラウンドで遊んでた男の子たちが、「バット見つけた!」と・・・。バット・・・バットってあのバット○ンの?
学校の入り口の脇に、それはいました。朝だからか?コンクリートにへばって弱まってました。ぎょえーーー!!ホンモノのコウモリだよ!!たぶん初めて見た!!まだ動いてました。
bat.jpg

触っちゃだめなんだよね~。ウィルス持ってるから。でも、男の子、触ったって言ってたけど・・・

さて、今日は一クラスだけ授業に行きました。
昨日の夜、何やろっかなぁ~って考えてたら、ホストマザーのコリナとハロウィンの話になって、「は!折り紙でハロウィーンの飾り作れば完璧!!」と、まぁ誰でも考え付きそうなもんですが、自分的にはひらめいたわけです!そう、ハロウィーンは来週月曜。子ども達が、折り紙でかぼちゃおばけやこうもりを折って、家に持って帰ったら喜ぶだろうなぁ~なんて思いながら・・・。

Grade4のクラスに行き、かぼちゃを折りました。けっこうハードル高かったかな?途中、「せんせい、できなーい。」「助けてー。」との声が次々上がり、収拾つかなくなりそうでしたが、出来た子が周りの子を助けたりして、どうにか無事全員完成!!何人かの子は、「Happy Halloween!! dad, mom」と書いたり、「家の入り口に飾る!」とうれしそうに言ってくれました。

そんな中、大した事じゃないんだけど、唖然としてしまった話を。
教室でプリントや紙を配るとき、座席の列の先頭の子にその列分の枚数を渡して、後に次々に渡すというのが、私は習慣として染み付いてました。みなさんはどうですか?今日、それと同じことをしようとしたら、ある先頭の女の子が、紙を持っていきなり立って、なぜか4番目の子たちに配りだしたのです。こんな感じで。

 ↑ ○ ○ ○ ○
 後 ● ● ● ●
    ○ ○ ○ ○
 前 ○ ○ ○ ○
 ↓ ○ ○ ○ ◎←この子が黒まるの席の子たちに配り出した。
      ▲←私

英語の説明が悪かったかもしれないし、元々後に回すなんて習慣ないんだろうし・・・。でもなぜいきなり4番目なのか謎だ・・・。

さて、授業も無事終わったところで、昨日の準備でこうもりやお化けの折り紙を試しに折ったので、どうせならハロウィーンのデコレーションにしちゃえ!!と、1日かけてこんなものを作ってみました。
halloweendis.jpg

糸で適当に作ったへなちょこのクモの巣が大変でした。疲れた・・・。小学校、週一なもんで、みんなに忘れられないように、こういう所でアピールしとこうかなと思って・・・。放課後に張り出したので、子どもたちの反応はまだ見てません。ドキドキ
******
When I got to the elementary school in the morning, a shocking event happened. Some boys said, "We found a bat!" ...A bat?... I saw it on the pavement in front of the entrance. It was weak.
The 1st picture; live bat
I heard we shouldn't touch it because it has bad viruses. One boy said he already touched it.
I went to only one class today. I thought of doing Halloween's Origami today while I talked about Halloween with my host mother at last night. I hope they will take it to home for the decoration. We made pumpkins by Origami in Grade 4 class. I wondered it's kind of challenging for them. Some kids always said, "I can't!", "I need your help!". The Class was gonna be out of control. But some kids who did it helped others, so all kids could finish! Some kids wrote "Happy Halloween! dad, mon", or said "I'm gonna hung it up in the entrance!"
I was suprised at an action by one girl in that class. I handed out papers to front kid in a row, and I told her to pass them to back. But that girl suddenly standed up, and go and give them to others in the 4nd line. My explanation might have been not enough, and they don't have this habit, but it was interesting.
The 2nd picture; After class, I made this Halloween decoration by using Origami. To make spider nest of strings was pretty hard.
学校再開!
BCの教師ストライキが終了し、今日月曜から無事に学校が再開しました。昨日日曜に投票の開票があって、77%の教師が「提案を承諾しストライキ停止に賛成」だったそう。いやぁ、一時はどうなるかと思いましたが、特に大きな混乱もなく、すんなりと学校再開。再開初日の今日は高校へ行きました。そんな今日は珍しく一日中濃霧でした。この時期はけっこう多いんだって。初めてクレストンでこんな霧見た。
fog.jpg

学校は、果たしてストライキなんてあったのか?と疑うくらいいつもと何も変わらない学校の様子。知ってる子に「ストライキの間、何してた?」と聞いたら、「つまらなかったー」と、しかも日本語で!返ってきたくらいで、日本語クラスでも特に話題になることはなし。
生徒たちの集中力の無さは相変わらずだったけど
とにかくよくしゃべり、先生の話を聞いていない!
小学生の方が明らかに落ち着きがあります。困ったもんです。

話は変わって、昨日、ホストファミリー宅の台所シンクに、不気味な物体が水に浮かんでいた。
これ何?と聞くと、なんと
エルク(鹿の大きいの)の、心臓と腎臓だそうな!

写真↓注意!!内臓関係がダメな人は見ないでね。(もう遅いって?)



kidney.jpg

けっこうきれいだよね~。
おとといクランブルックでエルクを撃ち取った人がいて、ホストファザーのロッドが分けてもらったんだって。そのうち、食卓に並ぶそうです。。。どんな味なんだろう。。。ま、日本ではレバ刺しパクパク食べてるくらいだから、平気と言えば平気ですけどね。
食べたらまた報告します!

******
BC teachers' strike ended and school started today. Teachers voted 77 percent in favor of accepting an agreement. I had no idea what is going to happen, but there were no trouble here, school restarted as usual.Today, I went to high school, and it was foggy all day.
The 1st picture; I saw this fog here first time.
School was normal atmosphere as if there was not strike at all.
I ask one of my friends, "What did you do during the strike?" She answered that she was bored in Japanese! But it was not talked about so much in Japanese classroom. The students didn't have enough concentration as ever. They were very talkative, and didn't listen to teacher. The elementary school kids are much more calm.
To change the subject, I found something eerie in water of the sink yesterday. I asked host mother what those were, she said they were heart and kidneys of elk!!
The 2nd picture; heart and kidneys of elk which are pretty beautiful
My host father got them from a man who shot that elk in Cranbrook. He's gonna cook them soon. I'm wondering what they taste like.
I useally eat raw liver in Japan, so I guess I like them. I will report as soon as I eat them!
ストライキ経過報告
教師のストライキに入ってから、丸2週間が経ちました。
前に詳しく状況報告してから、少しですが状況は変化してきました。
昨日はヴィッキーのお誕生パーティーに行ってきたけど、やはり皆の話題はストライキ。あるバースデーカードには、「ヴィッキー、早く仕事に戻りなさい!あなたの友人、ゴードン(知事の名前)」という冗談も書かれていました。

今週の動きは、
・17日(月) ビクトリアで大規模な集会
  あのParliament Buildingの前の広場が、人で埋めつくされてる
  映像がニュースで流れてました。他の組合もサポート。
  なんとヴィッキーもわざわざビクトリアに行って参加したそう。
・18日(火) 仲介役現る!
  恰幅のいいおじさんが、政府と教師組合間の仲介役として
  任命された。これまで看護師組合のストなどを終了させたこと
  のある名うてのネゴシエイターだそうだ。ニュースによると。
・19日(水)は、クートニー地域で大規模スト
  クートニー地域とは、クランブルックやネルソン、ここクレストン
  などが属する地域。他の組合(郵便局やごみ収集員)が教師
  をサポートするための、ストライキを実施。
  ここクレストンでも郵便局は閉まっていたそう。

今日金曜には、バンクーバーでも色んな組合がストライキを実施したそう。教師サポートの輪?が広がってるって感じでしょうか。。。
そんな中、裁判所は今日、教師たちが労使委員会の「ストは違法なので、仕事に戻るよう」という指示を破ったとして、そのペナルティーを決定しました。その額は$500,000。日本円でざっと5千万くらい。カナダの歴史で、組合に対するペナルティー額としては最高額だそうです。
もう既に同じ裁判官から、「組合のスト資金を30日間凍結」というペナルティーが科せられているので、どのように上述の罰金を支払うのか・・・?

そしてさらに先ほど、「仲介役」のおじさんから、政府、組合双方に「Recommendations(提案)」が提出された。政府は即「無条件でこの提案を受け入れます。」とな。最初、組合も受け入れると見られていたが、よくよく提案を吟味した組合側は渋い顔。表面的にはとても良さそうな提案だけど・・・。例として一つ上げると、要求の一つクラスサイズの縮小については、「私は、政府が組合とクラスサイズ改正の可能性を相談していくことを提案する。」 はっきりと、「クラスサイズの縮小を協議していく。」とはなっていないところに、組合の幹部達は反発している模様。
確かに政府が即時、全面承諾したのにも、いかに政府側にとって有利であるか、と想像してしまう。
あるラジオ局は「提案が出た!これでストライキは終わるよ!」と報道していたが、時間が経つにつれ、すんなりとは事は運ばないかもね~との報道に変化。
日曜に、また先生達の投票があるらしい。「仲介役の提案を受け入れてストライキを止めるか否か。」今週末は山場となりそうです。
ダンス&餃子パーティー
いまだ、ストライキは続行中
そんな中、週末はそれなりにイベントがありました。
土曜の夜は、RCMP(カナダの警察)主催のダンスパーティー。これはある難病の女性の支援のためで、チャリティーオークションもありました。ホストファザーのロッドは警察官。コリナとカレン&ジム夫婦、コリナの友人夫婦も出席。ニコラスとソリはお留守番。
珍しく服装は「セミフォーマル」指定です。うーん、何着て行ったらいいのやら・・・そんなにフォーマルな服は持ってきてないし。適当にスカートとカーディガンで間に合わせて、靴はコリナに借りました。
会場に着くと、こんな感じでRCMPオフィサーが正装をしてホストを務めています。
rcmp1.jpg

この赤いジャケットと黒いパンツは、カナダ警察官の伝統的な服みたいです。結婚式やこういったイベントなどでよく見ます。普段は、いかにもポリスマン!っていう紺色のベストとかですけどね。当然、ピストルも家の中に持ってきます。
パーティーは、盛り上がってるようなないような?、さりげない感じで進みました。最後にある一角がダンス場となったけど、たまに何人かが踊ってる感じ。。。最後の最後、帰る間際に、コリナたちが踊りだした。私は写真を撮る・・・と、そこに、ある女性がいきなり、「ダンス、教えてあげようか?」と声をかけてくれた。せっかくだから、えい!と一緒に踊りだす。ツーステップという簡単なダンスです。(知ってる人いるかな?)その人はすごくいい人で、その後も色々と声をかけてくれたり、名刺をくれたりした。アーティストで、作品が私がよく行く美術用品のお店に展示されてるとのこと。
月曜日に早速見に行ったら、小さくてきれいな水彩画がいくつも。すごいなぁ~。クレストンのすごいところは、地元アーティストたちに直接触れ合うことができること。町でとても人気の陶器アーティストは、気さくに工房を見せてくれるし、小さなギャラリーを営む画家夫婦の制作風景を直接みることもできる。ビクトリアやバンクーバーでもそうだったけど、アートがとても身近に感じられるのです。

日曜は、ソリと二人で餃子を作りました!カレンの誕生日が火曜だったので、カレンの家族を招待。ニコラスも「ぼくも作る!!」とちいさな手で一生懸命、餃子を包んでました。よくできました!こんな体験、普通のカナディアン3歳児はめったにできないぞ~。みんなおいしい!と好評で、50個作った餃子はぺろりと無くなりました。コリナは「毎日でも作っていいよ。」と。私も久しぶりの餃子を堪能。ちなみにソリによると韓国の餃子も同じ味だそうです。水餃子が多いみたいだけどね。

火曜には、クリスマスカード作り教室に参加!!さすがカナダ!ハロウィーンも来てないのに、今から準備にはりきります。スタンプを使ってこんな感じに仕上がりました。
xmascards.jpg

学校はないけど、それなりにイベントあるでしょ?
******
BC teachers' strike is still going.
I had some events in last weekend. On Saturday night, we went to RCMP benefit party. My hostfather is a RMCP officer. So my hostmother, her friends family and I joined. It was "semiformal" party. I didn't know what I was supposed to wear, but I put on my skirt and I borrowed pumps from my hostmother.
The 1st picture; the RCMP officers play host at the party
That red jacket and black pants are traditional uniform of RCMP officers. They usually wear that at wedding party or some events like this. At the almost end of party, my host father and host mother started to dance, so I was taking pictures. One lady talked to me, and induced me to dance. She taught me how to dance "two steps", and gave her card to me. She is an artist, and she said her works are displayed in the art material shop which I often go to. I went to see there on Monday, there were her small, beautiful watercolor works. It's amazing that we can touch local artists here. The very popular pottery artist let us show her studio friendly, and we can watch working of artists who have a small gallery. I could feel this close to art in Victoria and Vancouver, too.
On Sunday night, I and Soli cooked Gyoza! Because our friend's birthday was on Tuesday, we invited her family for supper. My little host brother was eager to make Gyoza by using his small hands. Great job! I'm sure there are no Canadian 3-year-old kids who have this experience like him! It was very popular with them, they ate up Gyoza quickly. My host mother said me, "You can make them everyday." I also enjoyed Gyoza after a long time. By the way, Gyoza is same taste as Korean one. They have a sope gyoza much more.
On Tuesday, I took part in class of making xmas cards. This is Canada! They are preparing it even though Halloween is not finished yet. The 2nd picture; my works
I don't have school now, but I have something else, don't I?
こう着状態
BC教師のストライキ、現在こう着状態です。
昨日、裁判所が「教師組合のストライキ資金を30日間凍結する。」との決定を下しました。組合はストライキ基金を組合員から集めて預金しているわけですが、実際にストライキでピケラインに出た場合は、1日に50ドル教師に払う、ということになっていた。しかし司法機関により、「このストライキは違法であるため、教師にお金を払ってはいけない。」と決められてしまった。つまり、このストライキの間、教師の収入0。かなり厳しい状況になっています。BCの労働省大臣は「教師が仕事に戻るまで、交渉の場にはつかない。」とかたくなだし。。。週末に大きな変化がない限り、来週も続きそうです

今週は3日間、学校のピケラインの様子を見に行って来ました。ストライキ破りの見張りという意味なんですね。シフト制になっていて、市内の各学校の入り口前に6,7人が約3時間交代で、椅子に座っています。
こんな感じで。
strike1.jpg

たまに学校の周りを歩いたりします。抗議アピールのためと、座ってるだけじゃ退屈だからかな・・・こんな感じで。
strike2.jpg

たまーに好奇心の強い生徒が参加してたりする。でも一人くらい。

昨日木曜は、ピケラインの後、夕方から市内の先生方が集まって、高校からレクレーションセンターの駐車場までマーチ。
こんな感じで。
strike3.jpg

先頭の犬が胸を張ってみんなを引き連れてるという感じでかわいかった
何人か子ども達も、自作のプラカードを持って参加
strike4.jpg

駐車場について集会。組合の代表スピーチや、他の組合(ナースなど)からの応援スピーチをみんな「そうだ!そうだ!」という感じで聞きます。途中で歌も歌います(なぜ?)。政府の人物を揶揄した替え歌です。スピーチ→歌→スピーチ→歌、という感じで、少し教会の礼拝に似てるかな?
strike5.jpg

みんなの格好を見てもわかる通り、この日寒かった~。
そして終了間際には雨も降り始めて、慌しく集会を終了し、帰宅したのでした・・・。なかなかできない体験なので、おもしろかった。

追伸:ピケラインに行ったときに、「ゆきむし」が大量発生していてすごかった!!目に入ってくるわ、口に入ってくるわ!!ひぃ~~!北海道にいたときは、「ゆきむしが出ると雪が降る前触れ」という感じで、季節感あふれる存在だったのですが・・・。ここまで大量だと気持ち悪すぎる!!
ちなみにゆきむしはこれ。おしりに綿みたいのがついてて、雪みたいに見える。
yukimushi1.jpg

見えますか?空中に白く浮遊しているのが、大量発生ゆきむしです。
yukimushi2.jpg

ちなみに英語名を尋ねたら、わからない、という答えが返ってきた。・・・いっか、Snowbugで。勝手に命名。
******
BC teachers' strike is still going. It seems deadlocked.
Yesterday, Supreme Court judge decided to freeze finances of teachers' union for 30 days. The union can't pay teachers $50-a-day strike pay. Teachers are unhappy.
I went to see a picket line for 3 days. 6 or 7 teachers are sitting on in front of school and taking turn at 3 hours shifts.
The 1st picture; a picket line
The 2nd picture; teachers are sometime walking around school
The 3rd picture; On Thursday, teachers in town marched from high school to Rec Center. The dog was at the head self-confidently
The 4th picture; some kids joind the march with handmade placards
The 5th picture; the meeting, teachers listened to speeches of the union's people, and sang songs.
It was so cold!! But it's the first experience for me, so very interesting.
The 6th&7th picture; There were thousands of this bug!! We call it YUKIMUSHI which means snow bug. They came into my eyes and mouth!!
Thanksgivingロングウィークエンド
今週月曜はThanksgiving Dayで、生まれて初めてのThanksgivingロングウィークエンドを堪能しました。ターキー、ターキー、またターキー。
まずは土曜、ヴィッキーから電話がかかってきて、夜ご飯を食べにおいでとのお誘い。もちろん行きます!!その数分後、今度はウェンディーから電話で「今日泊まりにおいで。」とな。もちろん!!・・・しかし、なんだこのタイミングの良さは。あとで聞いたら、ウェンディーはヴィッキーの家から電話していたそうな。
そうして夕方ヴィッキーの家に行くと、なんとセイジが帰ってきていてびっくり!!彼氏のカートも一緒。相変わらず二人とも背が高くてかっこいい・・・。そして、ナンシー・レナード・ネイサン・ディビッド一家、ウェンディー、里帰りの長男・スティーブも到着。(アーニーはお仕事)このビッグディナー、なんだか懐かしい・・・

この日はターキーではなく、ロシア料理のプロギー(ヴィッキーの両親はロシア人)や、ヤム、ソーセージなど
thanksgiv1.jpg

レナード特製のパン。すごいきれい。これの小さいバージョンのもらっちゃった♪
thanksgiv2.jpg

そして、デザートにはヴィッキー手作りの(全部手作りだけど)ハックルベリーパイとパンプキンパイ。
thanksgiv3.jpg

な、なんと!ヴィッキー宅のファイヤーが無事に灯っている!今回は一切煙なし(※春の事件参照)。
thanksgiv4.jpg

ヴィッキーが「ちゃんと煙突の窓開けたから!」と胸をはって言ってました。いやー暖炉、暖かくて雰囲気あっていーわー。
そしてウェンディー宅にお泊り。今回は帰省していないマットの部屋を使わせてもらう。ウェンディー手作りのキルトベッドカバーがとてもかわいい。絵もたくさん飾ってあってとてもセンスがいいお家なのだ。

日曜は午前中、ウェンディーが教会に行くとのことで、連れていってもらうことに。なにげに、こちらに来て6ヶ月、教会にはコンサートとバプティズムの2回しか行ってない。日曜礼拝は初めてなのだった。
この日、ウェンディーが教会の聖歌隊の一員であることを初めて知った!!歌が好きなのは知ってたけど・・・。礼拝の前に歌の練習。けっこうご年配の方が多いけど、みんな活気があって一生懸命歌っている。いいなぁ・・・どんなに年をとっても好きなことに夢中なのって。
チャペルに入ると、祭壇がThanksgivingのデコレーション一色。かぼちゃやブドウ、麦などが鮮やかに飾られていて素敵。礼拝もThanksgiving一色でした。
thanksgiv5.jpg

午後は、ウェンディー、スティーブ、ヴィッキーと川沿いの公園に石を拾いにいった。天気も良くて気持ちよい。
そして夕食!!ウェンディー&アーニー宅でターキーを食べました。ここのお家は、ターキーの中に詰めるスタフィングは、ライスでした。味がしみててとてもおいしかった。
thanksgiv6.jpg

夕食後、ジュリアがバンクーバーから里帰りしているので、会いに行きました。そこでは家族襲来の写真を見せたり色々話をしたりして、短い時間だったけど楽しく過ごしました。そして夜、ホストファミリー宅へ帰宅。

月曜日のThanksgiving Day、コリナと遊びに来ているコリナのお父さんお母さん、ニコラス、ソリと、チェスナッツを拾いにみんなでお散歩。
チェスナッツ=栗・・・なんですが、こっちのは食べる栗ではなく、大変まずいらしい。家のいたるところに置いて、クモを追い払うんだって。ニコラス、スパイダーマン好きなのにね
chestnut.jpg

もちろん夜はターキー!!これは切ってる最中。
thanksgiv7.jpg

スタッフィングはパンとベーコンとセロリなど。これもおいしかった。コリナ手作りのパンプキンチーズケーキが最高・・・
体重増加、絶好調間違いなしの週末でした。
******
In the last weekend, I had my first Thanksgiving long weekend in my life.
My first hostmother phoned me and invited me to dinner on Saturday. A couple of minute later, her friend, Wendy phoned me and invited me to stay over.
I went to Vicki's house, her daughter and her boyfriend there. Surprise! And Nancy's family came, and Wendy and her son, too. It's usual big dinner!
The 1st picture; Progies, yum, and sausages.
The 2nd picture; the beautiful bread made by Renald
The 3rd picture; hucklebery pies, and a pumpkin pie
The 4th picture; the fire place; No smoke in this time
On Sunday morning, I went to a church with Wendy. It was first time to go to Sunday service here. I realized that she is a member of a choir at that time.
There were almost elderly people in the choir, but they were energetic and singing enthusiastically. That was wonderful.
The 5th picture; The altar was decorated with pumpkins, grapes, wheats, and so on.
The 6th picture; turkey and bread; the stuffing was rice! That was really good.
After dinner, I went to see Julia who visited her parents' home from Vancouver. I showed her my family's pictures, and talked a lot. We had a great time.
On Monday, Thanksgiving Day, my host family, homestay-mate, and I went to pick chestnuts up nearby. They will put them in their house to keep spiders away because spiders don't like them.
The 7th picture; chestnuts
The 8th picture; my 2nd turkey dinner!




ストライキについて
BCの教師のストライキについて、ちょっと詳しく書きたいと思います。かなり長いですので、時間のある時にどうぞ。

まずThanksgivingのこの週末は、連休明けの火曜日、教師たちはストライキを続行するだろう、というニュースが流れました。しかし最高裁判所の判事は、「教師のストライキは法廷侮辱にあたる。」として、もし火曜もストライキが続けば、教師組合に罰金が科せられる、という決定を下しました。先生達にとってかなり不利な状況になっています。

なぜ、こんな事態になっているのか?私なりにニュースなどを読んで解釈した事を書きます。
この10年間以上、政府は教育システムの縮小のために、様々な政策を決定してきた。
・クラスサイズの拡大 → 組合のHPによると、現在Elementary 1クラス平均約23人。どのくらいに拡大するか、はわかりません。しかしこれにより教師の負担が増大すると、組合が反発。
・教師のリストラ → クラスサイズ拡大により、余分な教師が発生するとし、リストラを進めている
・特別学級を廃止 → 特別な助けが必要な生徒のためのクラスを廃止し、普通クラスに。これにより教師は、特別な作業が発生している。さらに、特別な助けが必要な生徒への作業自体もカット。
・92校を廃校
・教師の給料UPを凍結 →組合は15%UPを3年間要求しているが、公務員への給料UP0%ポリシーを理由に、凍結。

これらの政策に教師の組合が反対し、10年以上も交渉を続けているが、政府に全て退けられている。組合は、これまでストライキとは行かないまでも、段階的に抗議活動を行ってきた。これはジョブアクションと言って、教師たちが校長の指示に従わない、というもの。ミーティング指示があっても行かない。生徒指導の支持があっても従わない。休み時間やお昼休みの指導そのものをしない。(小学校では、朝会の時間まで生徒たちが学校内に入れず、外に閉め出されていて、少し不憫でした・・・)
そしてストライキへの気運が高まると、BCの労使関係委員会(政府とはまた別らしい)は「教師のストライキは違法である」という決定を先週月曜に下した。

しかし木曜日、BC州の教師によるストライキに対する投票の開票が行われた結果、ストライキをするべき、との支持は、なんと90.5%!!ものすごい教師の団結と怒りが現れていると思いませんか?このストライキには、校長・副校長は含まれていません。教師とは逆の立場なのです。校長・副校長だけが、ストライキの間学校に行って、学校を管理しなければならない。

と、これが今のBC州の学校の大体の状況です。
やはりまず、日本と比較してしまいますね。
まず、日本では教師のストライキは考えられない!!調べてみると政令で公務員のストライキは禁止されているんですね。でもこっちでよく聞かれます。「なんで、日本では教師はストライキをしないの?」・・・いつも答えに詰まります。
よい方向に想像すれば、日本では、ストライキにまでなるような、政府と組合の対立の状況に至らない?日本では、政府の政策に対する組合の影響力が大きい?ただストライキが禁止されてるから?・・・どうなんでしょうね本当のところ。わかりません。
ここで感じるのは、カナダ人は自分たちの要求に正直で、それを堂々と主張し、明確に行動する、ということです。

クラスサイズについて比較。こちらの先生たちは、現状の平均23人よりも人数が増えれば、生徒全員への指導が行き渡らない、と言います。日本はどうか?私が小学生の時は、一クラス40人弱だったと思います。現在はもう少し少ないでしょうか。それでもクラスは成り立ってる。
これは私が感じたことですが、日本の方が、学習に対してより自主性に任せられているのではないか、と思います。学校の授業は「講義」という考え方。生徒はその「講義」を受け、自分で吸収して学習する。学校の授業だけでなく、学習塾に通って自分の成績を上げようとするところにも、「自主性」が顕著に現れているのではないか、と思います。(ものすごく良く言えば、だけど)
ではカナダは?こちらの学校の授業を見ると、クラスに先生が二人いたり、一人一人の生徒に対する指導を重要視している。特別な助けが必要な生徒に対しては、他の生徒に自主的に勉強をさせて、先生が集中的に援助をしたりする光景も見たりします。個々の教育により重きを置いている。
そういった教師たちの指導に対する熱意や考え方が、政府の教育システム削減政策によってそぎ落とされてることに、教師たちが強い意思で反発しているんだと思います。
しかし、今この瞬間は、法律の高く険しい壁が立ちはだかったいる・・・明日火曜はまた新たなターニングポイントになりそうです。私もニュースを見て、学校にピケラインができているか見に行こうと思っています。
先生のストライキ
昨日の朝、ホストファミリー宅に「近所で熊が出たから、子どもを外で遊ばせるのは避けるように。」との電話が入りました。まあ、普通にみんな外出してましたけど。私も日中図書館へ歩いて行ったけど、そこの角から熊が出てきて鉢合わせしたらどうしよう。あそこに逃げるか。と、余計な避難計画を立てながら近所を歩いていました。

今週末はThanksgivingのロングウィークエンドで、ホストマザー・コリナのお父さんお母さんが来ていて、にぎやかな週末を過ごしています。韓国人留学生のソリは、ベッドルームをお父さんお母さんが使うために、半地下のリビングルームにテントをはってその中で寝ています。。。

さて、この週末は、今までにない大きな出来事がこのブリティッシュコロンビア州で起きています。それは何かというと、題名の通り、
教師のストライキ
が始まったのです。そう、学校がない!!いつまで閉まってるかもわからない!!つまり今、職がない状態でございます。(まー最初から正式に働いているわけではないけど) そして当然、生徒達も学校に行けない状態。勉強や学校生活ができない状態なのです。

まず、公立の教師組合はBC州の政府に対してストライキを起こしています。何を要求しているのかというと、「クラスサイズの縮小」「教師の給料15%アップ」など、その他もろもろ。
ただし、今日昨日始まった闘争ではなく、ここ10年以上、政府と組合間で論議が続けられてきたにも関わらず、状況が悪化して、教師たちが最終手段に出た、という根深い歴史があるようです。
要求やストライキの詳しい話は、次回に長々と書きたいと思います。少しお待ちください。

学校から生徒の親へは、木曜に手紙にて説明がありました。10月7日金曜から子どもを学校へ行かせないように。教師はあらゆる指導をボイコットしています、校長・副校長は学校にいるので、何か疑問があれば対応します、毎日のニュースにて状況が報告されるので、注意して見るようにしてください、との趣旨のことが書かれていた。

いやぁ、こんな状況に遭遇するとは思いもしなかった。ある意味、歴史的な瞬間を見ているとも言える・・・かな?
いつ学校が始まるかもわからない状況なので、しばらくは時間を持て余しそうですが、図書館で大量に本を借りてきたので大丈夫。また、今日はヴィッキーが夕食に誘ってくれて、その後ウェンディーの家に泊まることに!!やったー!!そこでもストライキの話になること必至なので、色々と聞いてこようと思います。
******
There was a phoncall which told children not to go out because a bear appeared near here in yesterday morning. I was a little scared, when I went to the library, I was very careful. I was thinking if a bear appear in next block I have to run away somewhere!

BC teachers started to strike on Friday. Students are supposed not to go to school. I couldn't imagine that I face such a stuation. I have a lot of time now as well as students, so I borrowed a bunch of books from library. This situation is a big impact on me.
クレストンの秋
昨日、山頂付近がうっすらと雪をまとっているのに気がつきました。
snowmt1.jpg

春にここに来て、夏を過ごして、秋を迎えてると思ってたのに、もう早冬に突入!?ああ・・・時が過ぎるのは早いねぇ・・・

木々も、もうかなり色づいてきました。7割くらいかなぁ?
これは今日、学校の帰り道に撮ったメイプルです。
maple2.jpg

次の月曜はThanksgiving、今月末はハロウィーンと、イベントも目白押し。今月はカレンとヴィッキーの誕生日もあるしなぁ・・・
学校の方は、実はあまり忙しくなくて、昨日ようやく小学校で日本語授業を始めたくらい。小学校は火曜日だけなので。
高校は、コンスタントに月・水・金と日本語授業入ってるけど、一日に一クラス80分だけだし、まだひらがなの「さ行」をやってるくらいなので、けっこう余裕だったりする。
あとは、去年クレストンに引っ越してきたというジャパニーズカナディアンの女性から日本語を勉強したいと連絡があり、2週間に一度のペースでお手伝いをすることに。他にも日本語に興味があるおばさま方が参加して、ちょっとしたサークルみたいな感じで楽しいです。
その女性はアーティストなので、自宅でギャラリーを開いている。家もすごくきれいでおしゃれ。。。

何もすることがない日は、散歩に行ったり、スケッチしたり、本を読んだり、テレビを観たり・・・
そんな感じで、クレストンの秋を過ごしております。

******
The 1st picture; I noticed the peaks of mountains were lightly powdered with snow yesterday.
I came here in spring, spent summer, and fall is coming now, but winter is coming soon!? Time goes fast!
The trees are turning red and yellow, it's about 70 percent.
The 2nd picture; a maple tree on my way home from school
Thanksgiving day is coming on next Monday, and Halloween is on 31th. Some of my friends' birthday, too.
Actually, I've not been busy at school so far, finally I just started my first Japanese lesson at the elementary school yesterday.
I'm going to the elementary school only Tuesday, and the highschool on Monday, Wedneday, and Friday. At highschool, we have only 1 class for a day, and they are learning on さ-line, so not hard.
I got phonecall from Japanese-Canadian lady, and she wants to improve her Japanese, so I'm helping her once per 2weeks.
Another ladies who are interested in Japanese are joining in that. It's like a Japanese club. That lady is an artist, so she has a gallery in her house which is very pretty.
When I have time, I take a walk, sketch, read a book, and watch TV...
I spend in fall of Creston something like that.
過去の日記 - 小学校襲来 -
家族襲来の巻、最終回です。

[ 2005年9月14日(水)]
この日は、家族で小学校を訪れることになりました。
校長のナンシーやヴィッキーも、是非朝会から来て、とのこと。
朝早めに起きると、もう既にヴィッキーは学校へ行っていた。
お父さんが起きてきて、散歩してくる、と1人で出掛けて行った・・・。
それから朝食を食べて準備して出発!!

ちょうど朝会が始まる時間に到着。体育館に行くと、子ども達の目線が家族に注がれます。先生の朗読が終わり、家族が生徒達の前に呼ばれます。どきどき・・・一言ずつ自己紹介することになりました。日本語で。私が簡単に通訳します。
父「日本の北海道から来ました。北海道には鹿や熊もいて自然がいっぱいあるけど、カナダの自然の大きさには驚いています。」
他のみんなも、「27時間もかけてここまで来ました。みなさんに会えて嬉しいです。」など、あいさつ。
ここで、おばあちゃんとお母さんが、みんなにお土産にと作ってきてくれた、お手玉を紹介。おばあちゃんがお手玉の遊び方を披露したりしました。
otedama1.jpg

otedama2.jpg
かわいい
朝会が終わったあとは、各クラスを回ることに。
お手玉をクラスに3つずつ配って、何人かの子ども達にも挑戦してもらったり、家族が北海道から持ってきたお菓子を配ったりして、家族と子ども達の交流の時間となった。
candy1.jpg

何だか信じられない気分だったけど、確かに家族は小学校に来て、子ども達やスタッフと会って言葉を交わしたのでした。

そして、覚えてますでしょうか?以前、妹夫婦が間違って小学校に電話して、管理人のデイブが電話に出た事件を。ヴィッキーがそのデイブに声をかけておいてくれて、わざわざ家族に会いにきてくれたのです。(デイブはいつも放課後に来る)デイブは妹を見て、「あの、小さい子は君か!!」と言って喜んでいました。
学校の前で記念撮影。
family1.jpg

こうして午前中は小学校の中を忙しく歩き回ったので、ちょっと家族は疲れちゃったかな?と思ったけど、皆「楽しかった。子ども達の目が生き生きしてて積極的で、日本の小学生とは違うね。」と、いい時間を過ごせた模様。
ヴィッキーとナンシー達に別れの挨拶をして、小学校を出発。ウェンディー宅に寄って、お庭を拝見することに。特におばあちゃんは、自宅の庭で野菜やお花を育てているので、ウェンディー&アーニーの素晴らしいお庭に何度も感嘆の声。オーティスも大興奮。
family2.jpg

それから、今のホストファミリー、コリナ&ロッド宅にも寄ってから、ダウンタウンのレストランへ昼食を食べに行った。
フィリピンやマレー料理のレストラン。カレーやサテがとてもおいしくて、クレストンで人気です。オーナーの人も親切に説明してくれて、とてもいいランチでした。家族はみんなすごい食欲だった・・・

とうとう、家族とお別れ。それから家族は車でバンフに戻りました。
一緒に過ごしたのはトータル3日間という、ものすごい特急滞在だったけど、バンフの素晴らしい風景を一緒に見れたり、クレストンの友人たちと過ごしたり、小学校を訪れたり、カナダの食事を堪能したりと、ものすごく充実した時間を過ごせたと思います。
来てくれて本当にどうもありがとう。ほんとに楽しかったね。最高の思い出ができました。

この後、家族は5時間かけて無事にバンフに到着し、次の日はなんとフロートボート(ラフティングのすごくゆっくりバージョン)と、乗馬に挑戦したそうな。
もちろん、おばあちゃんも馬に乗ったってよ!1時間ほど、ちょっとした山道を登ったり川を渡ったりしたそうな・・・。おばあちゃんをはじめ、みんなのパワフルさには脱帽です。
日本に帰ったあとも、おばあちゃんと母は時差ぼけは無かったそうな・・・。そんなわけで、盛りだくさんだった家族襲来は終わりました。

******
My family visited the elementary school in this morning. The principal suggested us to come to the assembly.
We just arrived at the gym at time to start the assembly, the kids' eyes forcused on my family.
After the teacher's reading time, we went to in front of the students. We introduced ourselves one by one in Japanese. I translated. My dad said, "We came from Hokkaido, Japan. Hokkaido has lots of nature, even deers and bear or so, but here Canada has huge nature. We are surprised." The others said, "It took for 27 hours from Japan to here. It's pleasure to meet you." And, we introduced OTEDAMA which made by my grandmother and mother. My grandmother showed how to play OTEDAMA.
After the assembly, we went around to the classrooms, gave three OTEDAMA to each classroom, and Japanese candy, too. That was amazing.
Furthermore, the custodian, who got the funny phonecall from my sister and her husband on one day, came to see my family! He is always in afterschool. He said, "You are that little girl!!" , and looked happy.
I was thinking my family was tired because we went around the classroom busily, but they weren't. They were impressed with Canadian kids' vivid eyes.
After my family said good-bye to Vicki and Nancy, we went to see Wendy's beautiful yard. Especially, my grandma grows vegitables and flowers in her garden, so she admired their wonderful yard.
We came by my hostfamily's house, went to the popular Phillippine cuisine restaurant in Creston, and had a nice lunch. They were starving...
At last, I had to separate from my family. They headed for Banff. It was only for 3 days, really short, but we saw the awesome view in Banff together, had a good time with my friends in Creston, visited the school, and had good Canadian food. We had a really great time. Thank you so much for coming, family.
They drove to Banff for 5 hours, and went boating and riding horse! Of course, my grandma, too. There were some trails and river. I was surprised at their toughness.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。